嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
写真解禁
2018年02月07日 (水) | 編集 |


ジャニーズ事務所がタレント画像をネット解禁 

関ジャニ∞錦戸亮が第1号



ジャニーズ主演なのに不在の写真を見る度に赤めだか試写会の時

二宮くんがセンターでひとしきり写真撮った後 「 web用の写真です 」

の一声で二宮くんが外れて

「 何でダメなのかは僕も分からないんですけど大人の事情みたいで 」

って言いながら端からその様子を眺めていた不思議な光景を思い出す。



ということですが、今日は潤くんがチョコのバレンタイン企画に

出席で、嵐くんからは初めてのネット解禁だったようです。

これから普通にネットでも見れて違和感なくなりますね。



スポンサーサイト

第91回キメマ旬報読者ベストテン
2018年02月05日 (月) | 編集 |

 2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン/KINENOTE

▽読者ベスト・テン

2位 『 忍びの国 』

8位 『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』


残念でした。

今年の日本アカデミー賞最優秀男優賞は菅田将暉くんかもですね。

いろんな賞も取ってるしね ・・・・



詳しくはこちら   第91回キネマ旬報ベストテン





毎日映画コンクール映画ファン賞
2018年01月18日 (木) | 編集 |


「 第72回毎日映画コンクール 」 の各受賞作&受賞者が発表され、

大林宣彦監督の 「 花筐/HANAGATAMI 」 が日本映画大賞に

輝きました。


俳優部門では 「 あゝ、荒野 」 で菅田将暉さんが主演男優賞、

「 散歩する侵略者 」 で長澤まさみさんが主演女優賞、

「 三度目の殺人 」 で役所広司さんが男優助演賞、

「 幼な子われらに生まれ 」 で田中麗奈さんが女優助演賞に

それぞれ輝きました。


ジャニーズ関連では、 「 TSUTAYA×Filmarks 映画ファン賞2017 」

の日本映画部門で、嵐の大野智くんが主演した映画 「 忍びの国 」

が1位に輝きました。


「 TSUTAYA × Filmarks 映画ファン賞 」 は、日本の映画業界に

おいて権威と歴史を誇る国内最高峰の映画賞

「 毎日映画コンクール 」 の中で一般投票によって決定する唯一の

賞です。



大ちゃん、おめでとう、良かったね 





8年越しの花嫁
2017年12月21日 (木) | 編集 |



先日、お友達と会ってランチしました。




20171218ランチ1          20171218ランチ2



にのトークありの、嵐トークありの、家族トークありの、諸々ありの

、時間でした。

その時に聞いたのが、 「 8年越しの花嫁 」 の結婚式がここ福山の

結婚式場で撮影されたって 

「 王様のブランチ 」  で紹介されて、リリコさんがインタビューに

来てるのが映ってたそうです。

一日一組の結婚式場なんですが、撮影当日は黒い幕が張ってあった

そうですが、周りは見物人がたくさんいたそうです。


で、今日その結婚式場の前のショッピングセンターに行ったら、こんな

看板がありました。



201712218年こしの結婚のロケ地





鞆の浦は、映画やドラマの撮影はありますし、みろくの里でも

ありますね、にのちゃんの 「 坊ちゃん 」  の撮影がありましたが、

この結婚式場とは意外でした 





日本アカデミー賞
2017年12月15日 (金) | 編集 |


もう発表になってるんですね。

第41回 日本アカデミー賞 協会特別賞受賞

江川悦子 ( 特殊メイク・特殊造形 )

代表作 : 「 忍びの国 」、「 ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 」



日本アカデミー賞



おめでとうございます。





検察側の罪人
2017年12月13日 (水) | 編集 |


キムタクとにのちゃんの公開日が発表されました。


 東宝 WEB SITE

  『 検察側の罪人 』

  2018年8月24日 ( 金 )公開


翔ちゃんの映画も公開日が発表されました。

  『 ラプラスの魔女 』

 2018年5月4日 ( 金・祝 ) 公開

 GW真っ只中ですね。


映画の公開は金曜日になるそうですね。



第42回報知賞
2017年11月12日 (日) | 編集 |


報知新聞社が主催している 「 第42回報知映画賞 」 の

ノミネートが発表されました。


ジャニーズからは、主演男優賞に嵐の大野智くん ( 忍びの国 ) 、

V6の岡田准一くん ( 海賊と呼ばれた男ほか ) 、

木村拓哉くん ( 無限の住人 ) 、 嵐の二宮和也くん

( ラストレシピ ) がノミネートされました。


また、新人賞にHey!Say!JUMPの伊野尾慧くん ( ピーチガール ) と

関西ジャニーズJr.の西畑大吾くん ( PとJKほか ) が

ノミネートされました。


ノミネートは、読者投票をベースに報知映画賞事務局が選定。

受賞作・受賞者は今月開かれる選考委員会で決定され、表彰式は

12月下旬に行われるとのことです。



「 報知映画賞 」 は、スポーツ新聞が単独開催する初の

映画賞として、1976年度に設立された映画賞。

2014年の 「 第39回報知映画賞 」 では、V6の岡田准一くんが

ジャニーズ事務所の所属タレントとして初めて主演男優賞を

受賞しました。





「 ラストレシピ 」  は、11月3日公開だから読者投票の締め切りに

間に合わなかったんじゃないかって聞きましたが、選考委員会で

決定されるから、不利でもないかなって ・・・・

「 母と暮せば 」  も公開してすぐぐらいなのに、いろんな賞を

受賞してましたから、期間の事はあまり関係ないかな ・・・





滝田監督
2017年10月29日 (日) | 編集 |




アカデミー賞外国語映画賞受賞作 『 おくりびと 』 の名匠・

滝田洋二郎監督が、 『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』

( 11月3日公開 ) で嵐・二宮和也と初タッグを組み、現場で実感した

二宮のスター性と演技力を讃えた。

人気番組 「 料理の鉄人 」 を手掛けた田中経一の小説を映画化した

ミステリーで、二宮は戦下に消えた伝説のレシピを追う天才料理人・

充を演じた。



 演じるキャラクターについては

「 自分が決めるのではなく、他人が決めてくれるものだと思っている 」

というスタンスの二宮だが、滝田監督は

「 とはいえ、相当いろいろと考えているのは確か。

初日、何もしゃべらずカメラの前に佇んだ瞬間、既に

“ 少し拗ねていながらもクールな充 ” そのものでしたから 」

と回想。

続けて、 

「 充のように最初は嫌な面が目に付くキャラクターが、僕は好きです。

最後に別の面が出てくるのが面白い。

人間は多面的な生き物ですから 」

と充というキャラクターの魅力を語る。



同じ施設で育った柳沢 ( 綾野剛 ) と共に、充はレストランをオープンするが、

天才ゆえの傲慢さと妥協のなさから経営に失敗。

多額の借金を抱え、料理への情熱も失いかけている。

そんな充に、高額の報奨金と引き換えに戦時下の満州で混乱の中に消えた、

天皇の料理番が考案したフルコースのレシピを再現する、という仕事が

舞い込む。

いわば充は、劇的な満州パートをひも解く “ 案内人 ” と言える役回りだ。

 
本作ではセリフも控えめ、受けの演技に徹している二宮だが、滝田監督いわく

「 すごく難しい役 」 。

「 話を聞く受けの演技であり、その彼の表情で物語を次の場面へと

飛ばさなければならない。

大袈裟な表現は避ける共通認識の中、出会う人々の想いを受け止め、

それを表情 …… 目なのか口なのか …… で表現しなければならないなんて、

実際には非常に難しい。

それをよく演じ切れたなと思いますね 」

と改めて感心を示した。

 
本作における最大の感動の波は、満州パートと現代パートが合流する場面、

充が知りうる全てを受け止め、初めて感情を吐露するシーンに集約されている。

「 充の顔で終わるあの場面は、テストもせず、一発勝負で撮れた気持ち良さが

ありました。

やっぱり彼は人を生かすのがうまい。

ここぞという見せ場で、最高のパフォーマンスができる。

あの表情で全てを持って行ってしまっていますよね。

映画の核心であることを非常に良く理解している。

それこそがスターですよ 」

と振り返った。

 
さて、米アカデミー賞受賞監督という肩書を背負いながらも、滝田監督の

しなやかなチャレンジ精神は、本作でも至る面で発揮されている。

特に今回、二宮に求めた演技と同様、音楽でも抑制を利かせたトーンを

追及している。

「 今回はあえて音量的なマックスや強弱のピークを作らず、風のように

染み入る音楽で心の深い部分に伝えることにトライしました。

音楽に気づかないくらい、感情が後押しされてくれたらいいな 」

と自信を覗かせた。

( 取材・文:折田千鶴子 )



早く見たいですね。




にのちゃん番宣追加の追加
2017年10月24日 (火) | 編集 |



またまた、追加の番宣です。


  10/29 ( 日 )

     日テレ   鉄腕DASH   19:00 ~

  11/2  ( 木 )

     テレ朝   徹子の部屋   12:00 ~

  11/12 ( 日 )

     テレ朝   相葉マナブ1時間SP 18:00 ~



鉄腕DASHもきましたね。

0円食堂かと思ってましたが、「 グリル厄介SP 」  というコーナーに

出るとか 

予告が出たようですが、水の中に入ってますよ。

戦力になったんかなぁ 


そして、マナブくんが1時間SPだって  

ひょっとしたら、徹子の部屋もあるかなって思ってたんですが、

きました 

楽しみすぎる 





百年前のレシピ
2017年10月23日 (月) | 編集 |


嵐・二宮和也が23日、東京・帝国ホテルで行われた主演映画 

「 ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~ 」 

( 滝田洋二郎監督、11月3日公開 ) 幻のレシピ再現披露会で、

劇中で演じた天才料理人同様の “ 絶対味覚 ” を披露し、

帝国ホテルの総料理長を驚かせた。

 
「 ラストレシピ- 」 は、1度食べればどんな味も再現できる

「 麒麟の舌 」 を持つも、料理への情熱を失った天才料理人・

佐々木充 ( 二宮 ) が、中国料理界の重鎮・楊晴明から失われた

「 大日本帝国食菜全席 」 のレシピを探して欲しいと依頼される物語。

劇中に出てくる 「 大日本帝国食菜全席 」 は、西島秀俊演じる天皇の

料理番・山形直太朗が、1930年代に日中戦争前の満洲で陸軍の

依頼で考案も陰謀でお披露目直前に失われた、112品目からなると

いう設定だ。

 
帝国ホテルには、劇中の 「 大日本帝国食菜全席 」 が作られたのと

同時期の100年前に、初代料理長を務めた吉川兼吉氏が考案した、

286種類の西洋料理が和紙にしたためられた “ 吉川兼吉レシピ ”

が、09年に吉川家から同ホテルに寄贈されて現存する。

劇中に登場するレシピのリアル版とも言えるレシピを、同ホテルの

田中健一郎総料理長がレシピに書かれた当時の調理法で再現した。

田中総料理長が 「 持っているだけで手が震える 」 と紹介した

レシピから、二宮、西島、宮崎あおいと滝田監督に2品、提供した。

 
二宮はデザートの 「 露国風洋梨乳酪冷菓 」 を1口食べると

「 思ったより ( 味が ) 軽く感じた。

もうちょっと、ボリュームを感じるかと思っていたんですけど、さわやか 」

と感想を口にした。

それを聞いた田中総料理長は

「 二宮さん … すごいと思った。

その通り、砂糖など ( レシピより ) 軽めに作った。

100年前に作られたレシピ通り作ったら、もっと甘い 」 と、

現代風に味をアレンジしたこと、そのことを、1口食べて察知した

二宮の味覚の鋭さに驚愕した。

 
1品目の 「 牛舌肉煮込 」 を食べた二宮は

「 まずいわけがない。

自分たちが分かる味が、はるか昔にあったことが驚き。

食べて時代差を感じない 」

と感激した。

西島は

「 おいしいです。

本当に、お肉も柔らかいし … 100年前、こんなレシピがあったんですね。

すばらしいです 」

と絶賛。

宮崎も

「 おいしい以外、出てこない … 本当においしい。

添えられている、お野菜もおいしい 」 

と笑みを浮かべた。

 
「 ラストレシピ- 」 は、人気料理番組 「 料理の鉄人 」 を

手がけた演出家・田中経一氏のデビュー小説を、「 おくりびと 」

の滝田監督がメガホンを取り映画化。

秋元康氏が企画を、 「 永遠の0 」 の林民夫氏が脚本を担当する。


【 村上幸将 】



食べてみたいですね