嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
映画美術監督部谷京子さん
2017年10月16日 (月) | 編集 |


拾い画像なんですが 。。。。


映画美術監督・部谷京子さんの記事です。

「 母と暮らせば 」 「 ラストレシピ 」  の話もでてきます。




ラスとレシピ部谷さん1            ラストレシピ部谷さん2




ラストレシピ部谷さん3            ラストレシピ部谷さん4




スポンサーサイト

公式キャラクターって ??
2017年09月29日 (金) | 編集 |


「 ラストレシピ 」  の公式キャラクターが発表になった

ようです。



   麒麟の舌

          


ちょっと笑っちゃいますが、真面目なんですよね。

にのちゃんカラーの黄色を使ってるんですね。




拾い画像なんですが ・・・


JCBにの


飛行機乗る前に急いで撮ったJCB二宮くん





これ見たいです。

広島では無理なのかなぁ (o‘∀‘o)*:◦♪

可愛い 。。。。 





にのちゃんへの取材
2017年09月29日 (金) | 編集 |

相田冬二さんの話題が続きますが ・・・



おお!

これは貴重。

先日、二宮さんに 『 青の炎 』 の頃から老成してましたよね、

とお伝えしたところでした。

「 そのときの自分が残るからインタビューはいいな 」

とおっしゃってました。



青の炎インタビュー1          青の炎インタビュー2




一応お伝えしておきますと、わたしの二宮さん取材歴は

『 青の炎 』 「 シブヤから遠く離れて 」 ( 稽古も観れました ) 

『 黄色い涙 』 ( 嵐5人対わたしひとり! ) のみ。

かなり間があいてほとんど 『 ラストレシピ 』 現場が

「 はじめまして … 」 状態。

なのに話しかけてくださったんですよね。






へぇ~、ラストレシピの取材が初めてかと思ってましたら、

青の炎からだったとは 

長い事、にのちゃんの事を見て下さってたんですね。

ありがたい事ですね。




兼松若人さんのブログ
2017年09月28日 (木) | 編集 |


ラストレシピに、出演されてる兼松若人さんのブログです。

完成披露試写会で、滝田監督が若松さんの名前をだされたとか 

そのことについて書かれてます。


こちらから    兼松若人さんのブログ





ラストレシピ完成披露試写会について
2017年09月27日 (水) | 編集 |


東宝のサイトで 「 ラストレシピ完成披露試写会 」 の様子が

アップされてます。

ジャニーズウエブ でもトピックスで 「 ラストレシピ完成披露試写会 」

の様子がアップされてますね。


こちらから     ラストレシピ完成披露試写会




ラストレシピパンフレット
2017年09月26日 (火) | 編集 |

昨日の完成披露試写会のWSをあちこちとPCで見て、

満足しました 



相田 冬二‏ さんのつぶやきです 



『 ラストレシピ 』 劇場用パンフレットを全面的に手がけております。

二宮和也さんへのロングインタビューは既に入稿済み。

役よりも演じ手自身の感性にポイントを絞った内容できっと読みごたえが

あると思います。

人となりがじわじわ伝わるQ&A。

自分としては勝手に親密さを感じるひとときでした!



それにしても、なんなんだろう、あの感じ。

すぐ近くで話してくれてるように思えるのは、どうしてなのだろう。

たぶん錯覚なんだけど、あ、いま距離が縮まった、みたいに

思える瞬間が何度かあって。

それがニノさんが○○○○○と呼ばれるゆえんなのだろう。

勘違いさせる人間力には、たしかな実体がある。



いま、二宮さんと滝田監督の対談を終えました。

監督に 「 二宮さんのこと、どう思ってるんですか? 」

とたずねましたところ、

「 かわいい!ずっと見ていたい! 」 と。

愛されてますね〜。

○○○○○は、オヤジゴロシでもあるのです。



では、こっそりチラ見せ。

「 ( クライマックスの ) あのシーンは、オレとニノだけがどうなるかを

知っていた。

それがよかったんだよ 」 ( 滝田監督 )



ある方の助言で自分なりの仮説にたどり着きました。

「 二宮和也は、役をその気にさせる 」 。

あの演技のありよう、アプローチ、距離感などを総合すると、

そういうことなのかなという気がします。

芝居の説得力にオリジナリティがあるのも、つまりはそういう

ことなのではないかしら。

助言に感謝です!



彼が言う 「 自分は俳優じゃありませんから 」

は、別にことさらへりくだっているわけではなく、俳優さんとその

歴史に敬意を捧げつつ

「 でも自分は自分のやり方でやらせてもらいますから 」

というカジュアルな宣言に思える。

事実、あのひとの表現はそうなってるし。

「 自分であること 」 をおそれてないんだな。






他の人のつぶやきです。

昨日「 ラ ストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 」 試写を拝見。

キャスティングの妙に脱帽。

二宮さんや西島さんは言うまでもなく、西畑大吾さんの存在感に

舌を巻きました。

この先、すごい役者さんになりそうな気配濃厚で、楽しみです ( 何様だよ )。

ちなみに、二宮さんと滝田監督を取材しました。

詳細は後日 ……。




こんなに、にのちゃんの事を呟いてくださって嬉しいです。

監督にも愛されてる、にのちゃん。

また、一緒にお仕事できますように ・・・


そして、西畑くんも褒められてて嬉しいな 。

ラストレシピの公開が、待ち遠しい 





ラストレシピ完成報告会見
2017年09月25日 (月) | 編集 |



「 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 」 の完成報告会見が

本日9月25日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、

二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、監督の

滝田洋二郎が登壇した。


本作は、70年前に天皇の料理番をしていた男・山形直太朗が

考案したフルコースの再現に挑む佐々木充の姿を描く人間ドラマ。

一度口にしたものの味を完全再現できる “ 麒麟の舌 ” の持ち主・

佐々木を二宮が演じ、山形に西島が扮する。


二宮は、初めて参加した滝田組について

「 時間の使い方や撮影の方法が贅沢だなあと思いました。

俺と剛ちゃんは2002年の現代編を担当したんですが、毎日

終わる時間が早くて、家に帰って次の日のことを考えられたので、

それを次の日また監督に提示してから撮影が始まる形でした 」 

と振り返る。



また会見では、二宮が親交のある綾野を呼ぶ際

「 剛ちゃん …… あ、綾野さん 」 と言い直し、本人と

「 いいんじゃない? 」 と笑い合う場面も。

綾野演じる唯一の理解者・柳沢健と佐々木のシーンについて

「 観てくださる皆さんが肩の力を抜けるシーンにしたいと

思っていました。

剛ちゃんとは一緒に飲んだり、違う作品やバラエティでご一緒

したりしていろんな一面を知っているので、それが出たんじゃ

ないかな 」

とコメントする。

綾野も

「 ニノが、僕たちのシーンは撮影と撮影の合間の休憩時間みたいと

話していたんですが、現場で滝田監督も 『 カット! OK! 』

と叫んだあと 『 今、セリフ言ってた? 』 って言ってましたよね。

どうやら滝田さんも休憩してたみたい ( 笑 ) 」

と笑いを誘う。

そんな滝田は 

「 現代編ではニノと綾野ちゃんから兄弟を超えた関係みたいな

匂いが出ていたので、スムーズに行きました 」

と話した。



撮影にあたりチャーハン作りの練習に励んだ西島は

「 結局 ( 作るシーンが ) なかったんですよ。

綾野くんはものすごいたくさんチャーハン作ってたんですけど ( 笑 ) 。

チャーハンのシーン、いい! 」

と綾野のほうを見る。

また自身が出演した1930年代パートに関して

「 仲間同士でぶつかったりレシピで悩んだりしながら、みんなで新しい

料理を作るっていう目標に向かっていく話でもあるので、どこか青春を

感じるシーンになってたんじゃないかな。

でもそれが、実はいろんな犠牲にもとづいていたと知って、青春が

終わるんです 」

と解説した。



「 おくりびと 」 でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田は、

本作で世界の目を意識したか聞かれると

「 ( フェデリコ・ ) フェリーニだってイタリアの映画しか作ってないんです。

だから外国を意識するとか、そういうことじゃないと思う。

僕は自分が面白いと思ったものを気持ちのままに作っていきたい。

それによって若い俳優の皆さんが世界へ行く道になれば、もっといいなと

思います 」

と回答。

その流れで二宮は

「 アカデミー賞じゃなくてミシュラン獲りたい!

それだけお料理が魅力的に映っていますし 」

と発言し、綾野も

「 映画でミシュラン獲っちゃうって、過去にないもんね。

1つ星でもいいから獲りたい 」 

と賛同した。



ここで記者から

「 麒麟の舌のような特殊能力を手に入るとしたら、どんな力が

欲しいか? 」 

という質問が。

二宮は

「 空飛びたい!

仕事上歌ったり踊ったりするので、空も飛べたらカッコいいかなと

思って。

今はいろんな人の力を借りて ( ワイヤーで ) 飛んでるから 」

と答えるも、綾野の

「 世界中の人と会話してみたいので、全語学を身につけたい 」

という話を聞くと

「 俺もそれにします! 」

と急に意見を変更。

デヴィッド・クローネンバーグの 「 デッドゾーン 」 が大好きだと

いう西島は

「 未来が見られたらいいなと思ったけど、 ( あの映画では )

すごい不幸になるんだよな …… 」 

と悩み、宮崎は

「 踊れるようになりたい!

女の子たちが踊っているのを見るのが好きだけど、自分にはその能力が

ないので 」

と返答する。

関西ジャニーズJr.として活動中の西畑は

「 ムキムキになりたいです。

あとは瞬間移動できたらいいな。

今日も大阪から新幹線で来たんですけど、2時間半ずっとそわそわ

してたので、一瞬で着いたら楽やろな 」

と願望を語った。


「 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 」 は11月3日より全国でロードショー。

なお映画ナタリーでは、このあと行われた完成披露舞台挨拶の模様もレポートする。




明日のWSが待てなくて、レポを読みました。

評判がとてもよくて、泣けると ・・・

にのちゃんと、剛くんが仲良くて、微笑ましい。

見れる日が待ち遠しいです。





山ちゃん
2017年09月22日 (金) | 編集 |



東野圭吾さん原作 「 ナミヤ雑貨店の奇跡 」 の映画化での

番宣で山田涼介くんが名古屋で  「 ドデスカ 」 山ちゃんが

こんなことを言ってました。


グループの悩みを相談するのは二宮くん。

家行きます。

あの人ほんと出ないんで家。

ほんとに真剣な話をするときは、テーブルはさんで

面と向かってどう思います? とか。

グループの悩みとかはやっぱり大先輩なんで。

いろんな悩みを乗り越えて今の嵐というグループがあるので。



にのちゃんと山ちゃんのライン



で、こんなことを教えてくれてます。

何を後輩に甘えてるの 

山ちゃんが 「 可愛い 」  って言うはずです。

山ちゃん、こんな情報ありがとう  ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





相田冬二さん
2017年09月21日 (木) | 編集 |

昨日書いた、相田冬二さん。

キムタクの事も以前書いたことがあるそうです。


で、にのちゃんのこんなことも言われてます。

彼の確固たる信念に、特に一緒に仕事をしたひとびとは感じ

入るようです。

『 ラストレシピ 』 のスタッフ=ベテラン映画人たちは、

みんな二宮さんにメロメロです。


こんな言葉、嬉しすぎます 




映画ライターさんの話
2017年09月20日 (水) | 編集 |


相田冬二さんという映画ライターさんのつぶやきです。


はじめまして。

二宮さんには二宮さんならではの 「 演技に対する考え方 」 が

あり、それはわたしにとって 「 演技論 」 と呼ぶべきものです。

「 演技論 」 を語りたがらない演じ手もたくさんいますが、

彼は語る側のひとですね。

二宮さんは作品全体を見渡した上で演技をされる。

その視点にオリジナリティがある。


昨夏 『 ラストレシピ 』 のオフィシャルライターとして撮影現場に

通っていた。

ある日、二宮和也がニコニコしながら話しかけてくる。

「 よく来てるよね 」 。

立ち話とはとても思えない深い演技論の数々。

あくまでもカジュアルに紡がれる聡明なアプローチの開示。

瞬く間にその人間的魅力に惹きつけられた。

翌週。

今度は綾野剛が話しかけてきた。

ニノのような人懐っこさで。

「 ちゃんと話しておきたくて … 」 。

ニノと私の語らいを見ていたのか?

いや、あの日、綾野の撮影はなかったはず。

仲良しなふたりはライターへの接し方も無意識のうちに

シンクロしていたのか。

綾野はニノそっくりな笑顔を浮かべていた。





呼んだ方のつぶやき 

キネ旬NEXT、ラストレシピ現場レポ拝読。

「 読ませる 」 → 「 想像と期待がふくらむ 」 ってこういうことか。

決して詳細 ( ネタバレ ) なレポではないのに現場の空気や色が

伝わる。

相田さんの二宮評が ( 非常に僭越ですが ) 自分と同じ的を

射ていて頷くばかり。

楽しみすぎる。

直前特集も是非お願いします。





こんなつぶやきも 

報知映画賞の授賞式で、綾野剛くんがたくさんの関係者さんと

人懐っこく話している姿をずっと見ていた。

いつも輪の中心にいた。

所在なさげに佇む3代目の岩田くんには、自分から話しかけて

ハグしてた。

だからとても想像がつ。

ニノもそうなんだろうな。




にのちゃんは、あまり 「 演技論 」  とか話さないと思って

いたのですが、話せる人にははなしてるんですね。

キネマ旬報next の撮影監督の話は読んだのですが、相田さんの

話は読んでなかったので、読みたいと思います。

で、相田さんが “ ニノ ”  って呼んでるのに、ビックリで

やっぱり人たらしですね。

もう本名わからなくても “ ニノ ”  で通用するんだから、フジテレビで

以前、 “ ニノ ”  の本名は   って一般の人に聞く

のをやってましたが、もうそんなこと気にしなくていいんじゃないかって

思いますが ・・・・


綾野剛くんは、人懐っこいんですね。

メモメモ。

GANTZの時は、そんな感じしなかったけど。