嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
キムタクのラジオ
2017年06月24日 (土) | 編集 |

【  木村拓哉・二宮和也/モデルプレス=6月23日 】

木村拓哉が、23日放送のパーソナリティを務めるラジオ

「 木村拓哉のWhat's UP SMAP! 」 

( TOKYO FM、毎週金曜23:00~ )

にて、映画 「 検察側の罪人 」 ( 2018年公開 ) で初共演する

嵐の二宮和也について語った。


木村拓哉、二宮和也と初共演 「 彼だったら全然安心できる 」

リスナーからのメールで、二宮との共演について振られると

「 二宮とは会いましたよ。

一緒に昼飯食いました 」

と交流を明かした木村。


映画は、雫井脩介氏による傑作ミステリーが原作で、木村が東京地検の

エリート検事役、二宮が駆け出しの若き検事役を演じ、互いの正義を

賭け対立していく2人の姿を描く。


作品について木村は

「 エンタテイメント性のあるアクションとかがあるわけではないので、

人間関係だったり話の内容は温度も色も重厚 」

と説明。

バトルを展開する二宮との共演を

「 現場でどういう風にできるか 」

と心待ちにしているようで、

「 後輩ではあるけれど、彼もすごくたくさんの映画やドラマを

経験しているので、一人の表現者としても出演者としても、

彼だったら全然安心できるなって印象 」

と俳優・二宮和也について語った。



また、 「 僕自身もできることはしておこうかなという感じ 」

と撮影に向けた準備をすすめていることも明かした。

( modelpress編集部 )

情報:TOKYO FM



にのちゃんと会ったんですね。

衣装合わせも始まったとか 

着々と始まってますね。

ワクワクしてます 






スポンサーサイト

にのちゃんラジオのトリセツ
2017年05月21日 (日) | 編集 |



キムタクがラジオで、映画の話をしていたことで、にの担さん

大喜びで、次回を楽しみにしようって思ってました。

が、キムタクファンも、にのちゃんラジオを聞きだすという事で、

これは大変って思いました 

こんな意見が ・・・



キムタクのラジオ音源聞いたらすごく静かな中でちゃんと

語って戴いてる感じだったから、もしこちらの聞いてくださる

キムタクのファンがいるならほんといったん二宮くんのラジオの

トリセツ渡したい。


・ラジオネーム 『 ニノと一緒にハンバーグ食べたい 』 さんに

 対して 「 絶対無理ですけどね。 俺あげたくないしハンバーグ 」

 と架空のハンバーグも死守します

・二宮くんのおうちは185階、東京ドーム82個分の広さで、お給料は

 おにぎりです。

 掘り下げず、温かく受け入れてください

・パズドラの話をふるとほとんどそれで終わります

・ラジオ中に楽しそうにパズドラのガチャをひきます

・たまにふがふが聞こえてきますが笑い声です

・名言的なことを言うとエコーをかけてカッコつけ始めます

・息をするようにおちゃめなウソをさらっとつきます

・質問にたいしてなかなか答えてくれません

・相葉くんのお話をふるとスルーされますが全然関係ない

 話から突然相葉くんを語り出すことがあります

・わからないことがあればその場ですぐスマホで調べ始めます




温かい目で見てやってくださいね。

決して、だまそうとかそんな気持ちはありませんから 。。。



大竹まことさんのラジオ
2017年05月21日 (日) | 編集 |


とんでもない毒舌を吐く一方、ふとした折に見せる優しい心根(こころね)に

ホロリとさせられることがある。

タレント、大竹まことだ。

 
文化放送 「 大竹まこと ゴールデンラジオ! 」  ( 月~金 後1:00 )

のパーソナリティーとしても人気。

その中の名物朗読コーナー 「 大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー 」

は聴いていて突然、目頭が熱くなるときがある。

 
番組が2007年5月にスタートしてから、今年で10周年。

それを記念して、このコーナーが6月23日、CDブックとして扶桑社から

発売されることが決まった。

「 人の数だけ物語がある 」 をテーマに、大きな反響を呼んだ15回分を

厳選して収録するという。

 
その中の一つに 「 鉄道少年 」 というタイトルの実話がある。

神奈川・江ノ島電鉄の運転手になることを夢見た16歳の

新田朋宏 ( にった・ともひろ ) 君の話だ。

母親の命も奪った拡張型心筋症という心臓の難病で入院し、

闘っていた。

 
しかし、 「 ( 運転士になる ) 時間はない 」 というのが

主治医の判断だった。

それを知った朋宏君を支援する団体から、江ノ電の総務課長に

「 少年の夢をかなえていただけないか 」 という手紙が届く。

 
ある日、運転士の制服を着た車いすの朋宏君は念願の運転席へ。

万一のために、無人駅にも駅員が立ってエールを送る中、

全長10キロの列車の旅を楽しんだ。

朋宏君は車両の検車区間で実際の運転も体験。

その4日後に息を引き取ったという。

 
運転士になる夢を朋宏君がかなえて、今年で19年目。

当時の総務課長だった人は新入社員が入るたび、朋宏君の

話をして

「 こんなに江ノ電を愛してくれた子がいるんだ。

私たちは襟を正して仕事しよう 」 

と語りかけるという。

朋宏君も天国できっと喜んでいるに違いない。

 
仕事とは何か、生きるとは何かと、記者も思わず、わが身の

至らなさを反省するこの名物コーナー。

世の中には美化されて鼻白む話も多いが、大竹の淡々とした

語りにも説得力がある。

これぞラジオ魂ともいえる発掘実話は、今後も楽しみにしたいし、

夏の海風香る江ノ電にまた乗りたくなった。





良い話ですね。

亡くなった少年もさぞかし嬉しかったことでしょう。

清らかな気持ちになりますね。




キムタクのラジオ
2017年05月20日 (土) | 編集 |


キムタクラジオのスタッフさんのブログです。



嵐、二宮くんとの映画 「 検察側の罪人 」 が、来年に公開!

というニュースを見てびっくりしました!

今回の作品は原田眞人監督なんですね!!

今から楽しみです!!

キャプテンも楽しみですか?

ポロリお願いします!!



「 これはポロリできないでしょ ( 笑 ) 。

原作は読んだんですけど、脚本の方はまだ読んでないので

ポロリも何もないんですけど。

このお話をいただいた時には、 『 検察側の罪人 』 っていう

タイトルから、 ” あれ?検察? ” っていうところで。

チャランポランな検察はやったことあるんですけど、チャランポラン

っていう言い方もあれだな ( 笑 )。

また違う角度からの検察になるとは思いますが、かなり重量感の

ある検察の物語でしたね。


原田監督と言ったら、重厚な作品が多いじゃないですか?

『 日本のいちばん長い日 』 とか、ここを映画化しようと思う人って

すごいなって思わせてくれるような人ですし。

実際にまだお会いしてないので、 ” どういう方なのかな? ”

という部分でも楽しみですし。

ニノと共演できるというのも、 『 硫黄島からの手紙 』 とかさ、

テレビドラマとかでもちゃんとやってる人じゃん?

だから見てると、自然に見入っちゃうんだよね。

ワンシーン、ワンシーン、見てる自分が盛り上がれるような

存在なので。

現場でどういう感じになるんですかね?

恥ずかしいですよね ( 笑 )。

どういう空気になるんだろ?

そこが一番楽しみかな。

夏にクランクインする予定なんですけど、またポロリできそうな

ことが手元に届いたらポロリしようかな、待っててください! 」



キャプテンというのが、キムタクの事だそうです。

まだまだのようですね。

にのちゃんからのポロリも期待したいです 




家族の話
2017年05月18日 (木) | 編集 |


 ピザの配達のバイトをしたら、配達場所がわからず自宅に

聞きに来た 」

という嵐・相葉雅紀の弟、

「 部屋を掃除した際に、息子が持っていたAVを好きそうな順に

並べる 」

といった強烈なエピソードを持つ関ジャニ∞・渋谷すばるの母ら、

ジャニーズファンの間でアイドルの家族の話が話題になることは

多い。

5月11日放送の 『 関ジャニ∞村上信五 ジャニーズWEST桐山

照史・中間淳太のレコメン! 』 ( 文化放送 ) でも、また新たな

エピソードが明らかになった。

 
この日は 「 ここだけのルール 」 というテーマでメッセージを募集。

とあるリスナーから

「 毎週土曜日は父が作った餃子を食べる、 『 餃子の日 』 と

決まっています 」

と手紙が届くと、そこから話題はパーソナリティの

「 各家庭のルール 」 に話が及んだ。

 

中間は小さい時から、祖父の 「 女性にはお金を払わせるな 」

という教えを徹底して守っており、割り勘もNG。

「 お金がなかったらファストフードでもいい。

それでもお金は払わせるな 」 

と教わったそう。

この男気あふれるルールに村上と桐山は

「 かっこええ! 」

と感心していた。

 
比較的自由な家庭で育ったというのは桐山。

特に厳しいルールなどはなかったが、あいさつは

しっかりするように言われていたという。

桐山の先輩への礼儀作法や、後輩への厳しいマナー

指導などは、その影響を受けているようだ。

 
一方、村上は 「 オレはずっとだまされてきた 」 と、

穏やかではない言葉。

なんでも母親からステーキだと教わってきたものが、ステーキ

じゃなかったという。

村上は仕事で東京に来た際、ジャニー喜多川社長からファミレスで

本物のステーキをごちそうになる機会があり、メニューを見て

「 ステーキってこんなやったけ? 」

と違和感を覚えたそう。

さらに、出てきた肉がいつもよりナイフで切りやすいことに感動。

 
大阪に帰った村上は、母親に

「 東京のステーキは全然違うで! 」

と感動を語って聞かせたそうなのだが、そこで母親の口から

出てきたのは 「 バレたか! 」 の一言。

今までステーキだと思って食べてきたものが、豚ロースだったと

明かされたのだとか。

それまでずっと豚ロースをステーキだと信じ込んできた村上は、

「 もうこれは洗脳ですよ 」

と笑っていた。

 
とはいえ、村上家では月に1度 「 ステーキの日 」 が設けられて

いたという。

少々だまされていたようだが、母から子への愛情が感じられた

心温まるエピソードだ。





やっぱり、関ジャニメンバーのお母さんは、強烈ですね。

管理人もずっと、 「 我が家のルールで大事なところに毛が

はえたら、見せることになってるんよ 」

って言って、見せてもらいました 

なんて母親だって思います   

それに比べて、息子たちは素直でした 




ベイストーム 4/16
2017年04月23日 (日) | 編集 |


会社の会議や学校の発表の場など、人前で話すことを苦手に感じる人は

少なくないはず。

周囲から注目される中で話すことは、たいていの場合、緊張してしまうもの。

嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組 『 bay storm 』

( bayfM ) の4月16日放送回でも、リスナーから

「 会社の会議で緊張してしまう 」 という相談が寄せられた。

 
二宮は5万5000人収容のドームクラスの会場で何度もコンサートを

行ってきたスーパーアイドル。

また、東日本大震災のチャリティーイベントとして恒例となっている

『 嵐のワクワク学校 』 は学校の授業を模しているため、

5万人に対して細かな説明をすることも多い。

コンサート以外でも、ドラマやCMに出演したり、記者会見に出席

したりと、 「 人前に立つことが仕事 」 という状態なのだ。

 
そんな彼いわく、 「 5万5000人の前でなにかをするより、200人

ぐらいの前に立つことの方が緊張する 」 とのこと。

多くの人の前に立たせてもらえる環境をありがたいとしながらも、

「 自分たちが呼びかける相手は不特定多数だから、緊張なんか

しない 」 と言い切ったのだ。

 
ただ 「 これが知っている人だらけの前だと厄介 」 という本音も。

リスナーの言うような20人規模の会議のほうが、

「 ( 聞いている相手の ) 表情まで見えて、今興味ないんだな、

この人に対して今つまらない話をしているんだな」と感じてしまい、

怖いというのだ。

さらに会議は議題を話し合い、結果を発表するなど、1回で終わる

コンサートと違って複数回に及ぶため、 

「 オレそっちのほうがよっぽど嫌だけどな 」

「 だから我々はまだ恵まれている 」

と、リスナーをねぎらっていた。

 
一般的に考えれば、ドームクラスの会場で話すことのほうがよっぽど

緊張すると思いがちだが、国民的アイドルは踏んでいる場数が

異なるため、感覚が一般人とはちょっと違うのかもしれない。









山Pのラジオ
2017年03月31日 (金) | 編集 |


山下智久くんがパーソナリティーを務めるラジオ

「 Sound Tripper! 」 ( InterFM ) 3月29日放送回で、

この日が誕生日の滝沢秀明くんへのお祝いコメントが

ありました。


「 滝沢くんは本当に子供の時からお世話になってます 」

という山下くん。


「 タッキーの家でいつもタッキーが料理を作ってくれて、

鍋とかね。

嵐の相葉くんとか二宮くんとかも来て、タッキーの家で

鍋パーティーする 」 と、Jr.時代の交流を明かします。


鍋をみんなでつついて、 「 その後なぜか腹筋する 」 

という謎の儀式もあったそう。

「 鍋食ってみんな腹筋しだすみたいな。

懐かしいですけどね 」 と笑いながら振り返っていました。


さらに滝沢くんについて、

「 ジャニーズに入るきっかけも滝沢くんだったんで。

山Pの名付け親も滝沢くんで。

タッキーなくして今の僕はいないんじゃないかと思います 」

と感謝の気持ちを語る山下くん。


「 山Pってタッキーが名付けてなかったら多分全然違う

キャラクターになってたと思う。

名前の力って強いじゃん。

山さんとかだったらアイドル感に欠ける。

Pが付くからアイドル感、Pに後押しされてる感じがする 」

と、 「 山P 」 というニックネームには知られざる強い

思いがあったようです。




みんな昔の話をしてるのは、懐かしいから ・・・

ありがとうございます、山P。





ベイストームで日本アカデミー賞の話
2017年03月22日 (水) | 編集 |



ベイストームで、にのちゃんが日本アカデミー賞の事を話して

くれてました 


まぁ、裏話ですが ・・・



昨年の副賞でいただいた高級腕時計をつけないと

授賞式に参加できないと言われ、二日も探してやっと

見つけたそうです 

プレゼンターなので、行かないわけにはいきませんものね。

そういう記念品とかは使わない、にのちゃんです。



で、会場に行ったら 

「 あっ、つけてこられたんですね 」

「 つけないと入れないと聞いたんです 」

「 つけなくても入れますよ 」

だったそうです。


触ってもなかったので、動かし方もわからずで、時間はちゃんと

あわせられなかったそうで、多分12時くらいか1時くらいに

なってたと思うって言ってました。

確認した、にの担さん曰く1時15分くらいだったとわかりました。

こんなバタバタしてたことがあったなんてわからなかったですね。


今度はノミネートされた、にのちゃんが見たいです。





大ちゃんラジオ終了
2017年03月17日 (金) | 編集 |


嵐の大野智くんがDJを務めているFMヨコハマの

「 ARASHI DISCOVERY 」 が、3月31日の放送で終了することが

明らかになりました。

16日の同番組で本人から発表がありました。


大野くんは番組中盤で

「 ARASHI DISCOVERY は今月31日金曜日の放送をもって終了することに

なりました 」 と発表。

「 2002年の10月1日からですね、スタートしてなんと14年半!14年半も

やってましたよ 」 と番組を振り返り、

「 ほんと皆さん、ずーっと聞いててくれた皆さん、ありがとうございました 」

とリスナーに感謝の言葉を述べました。




ビックリです。

生で聞いたことはないんですが、もうラジオをやってるのは、4月からは

相葉ちゃんと、にのちゃんだけになってしまいました 

なんか寂しいです。

いつでもず~~~っと続けられるっていう事はないんだなぁって

改めて思いました。




にのちゃんがスタッフの名前を覚える理由
2017年02月25日 (土) | 編集 |



2月19日のベイエフエム 「 BAY STORM 」 にて嵐の二宮和也くんが、

スタッフに対する向き合い方について語りました。


この日、映画 『 GANTZ 』 で共演した吉高由里子さんが

“ 二宮くんは映画スタッフ全員の名前を覚えていた ” と証言していた、

というメッセージが寄せられます。


これに対して、二宮くんは …


「 出来る限り覚えますよ。

長丁場の仕事だと。

だってさ、何かが必要なときとか、何かが欲しいときとか、何か用が

あるときにさ、名前覚えてないと呼べなくない?

『 ちょっと、キミ! 』 

『 キミ! 』 とかって言う年齢でもないし、俺、まだ。

60歳、70歳ぐらいになったら、いいよ、別に。

『 そこのキミ!ちょっと来てくれよ 』

とか言えるけどさ。

30前半だと言いずらいよね 」


極力、スタッフの名前は覚えるようにしているという二宮くん。


「 なんかさ、そんなのは自然のことなのかもしれないけどさ。

あんまり、名前が分かんない人と一緒にモノ作っててもさ、達成感が

ないんだよね。

“ 誰なんだろう、この人? ” 

みたいな人と一緒にモノ作るって結構難しくない? 」


映画の完成という同じゴールを目指すもの同士として、スタッフの

ことは知っておきたい、とのこと。


「 やっぱり、知ってる人だったりさ。

普段、 “ どうやったら、これが良くなるんだろう? ”

とか “ どうやったら、これが見る人たちに大きな感動を与えられるん

だろう? ” とか

“ 大きな衝撃を与えられるんだろう? ” とかっていうことを常に

考えてる人の名前を知らないと、もったいない感じがするじゃん、

ちょっと。

そしたら、ちゃんと名前も覚えて、それをふまえて、名前を聞いたら

顔を思い出せて、どういう仕事をしていたかっていうのを思い出せる、

人たちと一緒に作っていくっていうのが。

せっかく作るんだったら、そっちの方が楽しいじゃない? 」


自身のモノ作りに対する、こだわりを明かした二宮くんでした。



素晴らしい