FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
鉄コン筋クリ-ト
2007年06月29日 (金) | 編集 |

昨日、DVD観ました。

特典映像ですけど。

本編はまたゆっくり観たいとおもってます。

あるブロガーさんでマイケル監督のドキュメントから観ないと悪い気が

すると言ってる方がいらしゃって、「確かに」とわたしも思いました

ね。

300日のドキュメントなんですが、実際は10年ぐらい携わってるわ

けで、やっと映画化にこぎつけて、原画を描いてるんですが、マイケル

はアニメ映画の監督としては、初めてなんですね。

日本人じゃない監督が日本のアニメを映画化したいって、思う事が普通

ではないんだけど。

感覚が日本的なんですね、マイケルは。

私が意外に思ったのは、にのや優ちゃんやキャストの人達がアフレコし

た時にはもう映画は完成してて、アフレコしたんだと思ってたんです。

違ってました。

まだ、7~8割ぐらいだったみたいです。

“東京国際映画祭”の時に伊勢谷友介さんに完成した作品

をみてないと言われてましたね。

それを、思い出しました。

また、なかなかクロの声にならなくて、監督やスタッフそして、にの

身が焦りだした頃に突然その『クロ』はやってきた様で、

マイケルとプロデューサーが嬉しそうな顔してました。

もちろん、にのも。


その後ににののインタビューとかあるんですが、聞いてる

にのは大人です。

その考え方、物の捉え方が。

真面目に話してます。

別にアイドルを意識してキラースマイルする必要もないし、それより監

督やスタッフの苦労を考えてますね。

中には腱鞘炎になってる人もいたし、1週間家にに帰らない人もいた

し、音楽を作った人達もホテルに帰る時間がもったいないから、スタジ

オに布団しいて臨時ベッド作って(東京ドームコンの社長さんが用意し

た、ベッドみたい)たりと、皆が情熱を持って作った映画。


それが【鉄コン筋クリート】


なんですね。

その重いが凄く伝わってきます。


本編はまた、かきます。



 拍手してくださった方ありがとうございます。



 




スポンサーサイト




叱ってブロンド先生
2007年06月29日 (金) | 編集 |


今朝、太一くんバージョンとにのバージョンの番宣をやっ

と見れました。

そして、さっき放送を見たのですが。

キャーーッ、にの凄い。

ちゃんと聞けてるし、ちゃんとしゃべれてるよ。

たった、2ヶ月弱だけしかいなかったのに、あれだけできるとはさす

が、にのちゃん。

実は私、いま巷で噂になってるNOVAに10年ぐらい通っておりまして

今は行ってませんが・・・。

<ブロークン・イングリシッュ>でなかったのが素晴しい。

英語って気を付けてないと、<ブロークン・イングリシッュ>にな

りがちなんです。

だって、その方が手っ取り早く通じるから。

だけど、にのはちゃんと文法を守って話していたのがよかったですね。

(って、貴女は先生か

にのはちゃんと聞けてる気がしてたんです。

喋れてるかどうかはわからなかったけど。

知らない所で努力してるんでしょうね。

ひょっとしたら、松嶋奈々子みたいにDSで、勉強してたりして。

ありえますよ。

これからも折角覚えたんだから、続けて勉強してね。


天晴れ、にの



 拍手してくださった方ありがとうございました。