FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
読売新聞コラム
2015年10月09日 (金) | 編集 |

読売新聞のコラムに嵐くんと高校生の合唱部の事が

載ってたそうです。



宮城の高校生と嵐



この写真、よく見ると、にのちゃんの服装からすると

二日目かな 

こちらの読売新聞には載ってなかったような。

感謝です 




スポンサーサイト




赤めだか放送決定 !!
2015年10月09日 (金) | 編集 |



二宮和也 × ビートたけし共演ドラマ 「 赤めだか 」 に

    鶴瓶、薬師丸、新井浩文らが参加



二宮和也、ビートたけし共演のTBS年末スペシャルドラマ

「 赤めだか 」 の放送が12月28日に決定。

あわせてナビゲーターを笑福亭鶴瓶が、ナレーションを

薬師丸ひろ子が務め、落語家役に柄本時生、新井浩文らが

起用されたことが発表された。


本作は落語家・立川談春が手がけた自伝的エッセイ

「 赤めだか 」 ドラマ化したもの。

談春が兄弟弟子たちと苦楽をともにしながら成長していく

様子や、談志の破天荒な生き方を描く。

談春役を二宮、師匠の談志役をたけしが演じることが既に

発表されている。

なお演出を担当するのは映画 「 ホテルビーナス 」

「 原宿デニール 」 のタカハタ秀太。


鶴瓶は 「 落語の世界にいる自分が言うのもなんですが、

このドラマを見て 『 落語ってカッコイイ世界だな 』 と思って

いただき、落語界特有の師弟関係などにも注目して見て

もらえればと思います 」 と本作への思いを述べ、薬師丸は

「 落語が好きで若い頃はよく落語のCDを聞いていましたので、

今回改めて落語って楽しいな、と思い出させて頂きました 」 

と語る。


立川談春の兄弟子・立川関西に扮するのは宮川大輔。

立川談かん役に柄本、立川ダンボール役には新井、立川

談々役には北村有起哉がキャスティングされた。

宮川は 「 今までちゃんと落語を聞いたことがなかったので

果たして演じることが出来るのか不安でした 」 と出演を

依頼された際の心境を明かす。

さらに新井は 「 落語が大好きなタカハタ監督の作品に

呼んで頂き光栄でした。

ダンボールって呼ばれる事は一生無いと思います 」 と、

北村は 「 こんなめちゃくちゃなおもしろい話しは滅多に

ありません! 」 とそれぞれコメントを寄せた。



赤めだか

TBS 2015年12月28日(月)

< 出演者 >

二宮和也 / ビートたけし / 宮川大輔 / 柄本時生 /

新井浩文 / 北村有起哉

ナレーション : 薬師丸ひろ子

ナビゲーター : 笑福亭鶴瓶  ほか





笑福亭鶴瓶 コメント

「 赤めだか 」 という本ができたと談春から聞き、読ませて

もらえました。

泣きながら読みましたね ( 笑 ) 。

今回忙しい二人がよく引き受けてくれたなと思います。

この二人がそれぞれの 「 談志 」 、 「 談春 」 をやるので

あれば必ずいいものができると確信しています。

落語の世界にいる自分が言うのもなんですが、このドラマを

見て 「 落語ってカッコイイ世界だな 」 と思っていただき、

落語界特有の師弟関係などにも注目して見てもらえればと

思います。



薬師丸ひろ子 コメント

本を読んだときに羨ましいなと思うぐらい良い本で、自分も

演じてみたいと思いました。

残念ながらその役はありませんでしたが、ナレーションという、

このような形で関わることができて幸せです。

落語が好きで若い頃はよく落語のCDを聞いていましたので、

今回改めて落語って楽しいな、と思い出させて頂きました。

落語に興味のある方はもちろん、まったく落語に興味の

無い方でも、立川一門にはこんな物語があったんだと

想像しながら、ぜひご覧になっていただければと

思います。



宮川大輔 コメント

出演依頼を頂いた時、嬉しかった半面、今までちゃんと

落語を聞いたことがなかったので果たして演じることが

出来るのか不安でした。

でも台本を読ませて頂く内、落語家さんのすごさ、

立川流のすごさに引き込まれていき、演じてはあたかも

自分が噺家さんになった気がして誇らしい気持ちに

なりました。

たけしさんはじめ、豪華キャストの方々と共演させて頂き

素晴らしい経験になりました。

ドラマ 「 赤めだか 」 を多くの人に見てほしいです。



新井浩文 コメント

落語が大好きなタカハタ監督の作品に呼んで頂き

光栄でした。

ダンボールって呼ばれる事は一生無いと思います。



北村有起哉 コメント

出版された当時に、友人からすすめられて読んだのが

赤めだかを知る最初のきっかけでした。

ドラマ化するにあたって自分も参加することができて

本当に光栄です。

常識が通用しない芸の道の厳しさや滑稽さ、そして

理不尽さ。

僕も読みながら共感したり、とてもじゃないが

できなかったり。

次から次へと修羅場がてんこ盛りなんです。

こんなめちゃくちゃなおもしろい話しは滅多に

ありません!

どうぞお楽しみに。




やっと、日程が発表されましたが、12月って、年末って、

調整するのが大変だったんですね。

初めて見る映像がほとんどなので、画面を集中して

見てました。

番宣が忙しいけど、色々期待してます   




 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございました。お気軽に遊びに来てくださいませ