FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
TBS、春のドラマ祭り
2018年04月11日 (水) | 編集 |


こちらは、感謝祭しか放送がなかったのですが、アップして

下さる方がいらっしゃるのでそれで満足してました。

そうしたら、TBSでドラマ春祭りが期間限定ですが、見れます 

4月22日 ( 日 ) 2059までです。

見れなかった方は、ぜひどうぞ 


こちらです    日曜劇場ブラックペアン


男性医師四人のトークが面白いです。

内野さん、小泉さん、にのちゃん、涼真くんの

イケメン4人衆です 




ビジュアルコメンタリー
2018年04月10日 (火) | 編集 |


 「 嵐 」 二宮和也が主演する 『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』

のBlu-ray&DVDが5月30日 ( 水 ) よりリリース。

この度、本作のBlu-ray&DVD豪華版に収録される二宮さん、西島秀俊、

滝田洋二郎監督によるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、当時の

エピソードなどを語った。


今回、3人共ビジュアルコメンタリー収録初挑戦といいうことで、

「 これ、どうしたらいいんですかね? 

何回か ( 映画に ) 見入ってしまうと思う 」 ( 二宮さん )、

「 絶対途中で油断すると思う。

あ、映ってたんだった! って 」 ( 西島さん )、

「 どうなることやら 」 ( 滝田監督 )

と困惑や不安を隠せない様子。


そんな中スタートした今回の収録。

二宮さんが2002年パートの主人公を、1930年代パートの主人公を

西島さんが演じ、2つの時代を行き来しながら描く本作とあって、

自身が撮影に参加してないシーンに対しては特に興味津々で、

滝田監督への質問も多く飛び出した。


また劇中では、技術指導の先生が実際に出演しているシーンもあるそうで、

「 あの後ろでお茶を入れている女性は、先生ですよ 」

と二宮さんが明かすと、

「 滝田監督らしいですね~。

本物が演った方が一番上手いっておっしゃられていましたよね 」

と西島さん。

さらに撮影初日、日本料理店のシーンでも “ 本物 ” が登場。

実在するお店を借りての撮影で二宮さんは、

「 あいよーってセリフを何度も何度も練習している人がいて、あいよーって

一言なのに、ずいぶん練習するな、と思ってよく見てみたら本物 ( の料理人 )

で驚いた 」

というエピソードも披露。


そして “ 料理 ” が主役とも言える本作では、撮影でも多くの本物の料理を

使って撮影を行ったそう。

豪華な料理が多い西島さんのパートでは、西島さん扮する山形シェフが

ほとんどのシーンで出来上がった料理を味見しており、

「 いいなぁ、美味しそうだな~ 」

と二宮さん。

また、撮影が終わるとその料理はキャストとスタッフで食べたことが明かされると

「 ( 2002年パートには ) こんなお肉なかった! 」

「 チャーハン食べるシーンばっかりだった! 」

と嘆く一幕も。


さらに、1930年代パートで山形シェフの妻を演じる宮崎あおいが、夫を諭すように

少し厳しい言葉で話をするシーンがあるが、2002年パートでは音声のみの回想と

なっているため、

「 西島さんはあおいちゃんから直接 ( 厳しい言葉を ) 言われるからいいけど、

僕は同じセリフを演出部の人から言われるんですから 」 と恨み節?


また最後には、

「 初めてでしたけど、なかなかおもしろかったですね 」 ( 滝田監督 )

「 試写で観るときとはちがう。

こうやって話しながらは見られない 」 ( 二宮さん )、

「 ( 映画の ) 半分は出演していないから、そうだったんだっていうことが

多くて、出演者だけど ( 知らなかった ) いい話が聞けた 」

( 西島さん ) とふり返り感想を述べた。


ビジュアルコメンタリーのほかにも、豪華版にはメイキング映像や、TOHOシ

ネマズ上野の開業と公開初日を祝い、豪華キャストと監督によるテープカット

セレモニーの模様をはじめ劇場公開時に行われたイベント映像集など特典が

豊富だ。


『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』 Blu-ray&DVDは

5月30日 ( 水 ) リリース。



ビジュアルコメンタリーって初めてですが、前にもコメンタリーってありましたよね、

確か 

楽しみです。




原作者が現場に ・・・
2018年04月10日 (火) | 編集 |


 TBSにて2018年4月22日 ( 日 ) から日曜劇場

『 ブラックペアン 』 がスタートする。

原作は、海堂尊の小説で 「 チーム・バチスタの栄光 」 の原点となる

人気作 「 新装版 ブラックペアン1988 」 ( 講談社文庫 ) 。

ドラマでは、二宮和也を主演に迎え、病院、研究室、製薬会社、

医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、

" ブラックペアン " と呼ばれる特製の黒いペアン ( 止血用鉗子 ) に

隠された過去が暴かれていく痛快な医療エンターテインメントとして描く。


二宮が演じるのは、舞台となる東城大学医学部付属病院に、突如導入される

ことになった手術用最新医療機器 「 スナイプ 」 巡る疑惑をきっかけに、

外科医としてのプライドを守ろうとする " オペ室の悪魔 " こと渡海征司郎役。

共演には、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、

小泉孝太郎、内野聖陽といった豪華出演者が顔を揃えた。


某日、撮影現場を原作者の海堂が訪問し、二宮をはじめ、竹内、葵、小泉らが一堂に

会した手術シーンを見学。

医師でもある原作者の訪問に、出演者、スタッフが緊張する場面も見られたが、

海堂は

「 原作は10年前の執筆時に、その20年前を描いた作品ですが、撮影を拝見していると、

" 物語が現代に甦った " という感じがしてワクワクしました。

原作の舞台は1988年と今から30年前なので、医療を取り巻く環境はかなり違います。

でも、医療の本質は変わらない部分も多い。

そういう部分もすべてひっくるめて、新たな傑作を生み出していただけそうだ、

という気持ちがしています 」

とコメント。


また、渡海征司郎を演じる二宮については 「 リップサービスですが ( 笑 ) 」

と冗談で沸かせながらも、

「 一流の外科医というのは危機的な状況に直面しても、どこか肩の力が抜けた

ような、余裕を漂わせているものです。

渡海を演じる二宮さんにはそうした感じがよく出ていて ( たぶん地じゃないかと

思える部分もありましたが (笑) )、素晴らしい外科医像を作り出してくださると

思います。

とにかく、予想は遙かに超えていました 」

と絶賛。

その後、二宮らと固い握手を交わし、ドラマの成功を確信した様子でスタジオを

後にした。


日曜劇場 『 ブラックペアン 』 は、4月22日 ( 日 ) より毎週日曜夜9:00

より放送。

初回は25分拡大版となる。





地震
2018年04月09日 (月) | 編集 |

今朝の真夜中に地震がありました 

島根が震源地だったそうですが、何か 「 夢うつつ 」  で

揺れてるなぁって思ったけど、そのまま朝まで寝てました  


他の人の話では、縦揺れの後に横揺れがあったとか 

主人も同じで、 「 夢うつつ 」  だったようで、夫婦で疲れてたかな 


島根では、瓦が落ちたり、断水したり、怪我をしたり、道路に亀裂が

入ったりと被害が出てるようです。


お見舞い申し上げます。




検察側の罪人
2018年04月09日 (月) | 編集 |


  【 木村拓哉・二宮和也/モデルプレス=4月9日 】


俳優の木村拓哉と嵐の二宮和也が初共演する映画 『 検察側の罪人 』

( 8月24日公開 ) のポスター&特報映像が解禁された。


原作は 「 犯人に告ぐ 」 の雫井脩介氏が発表した2013年の同名小説。

時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに 「 正義とは何か? 」 という

深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。


主演は、エリート検事・最上役に、日本のエンターテインメントのトップを走り

続ける木村。

そして若き検事・沖野役には二宮。

もはや説明も要らない、木村拓哉×二宮和也という日本が誇るトップスター

2人の夢の競演が初めて実現。

さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、

闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。

最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人

・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に

八嶋智人。

ほか矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、そして

人権派大物弁護士・白川雄馬に山崎努

( ※ 「 崎 」 は正式には 「 たつさき 」 ) が出演する。



4月13日 ( 金 ) から劇場に掲出されるポスターは、

「 一線を、越える。 」

というコピーと共に、今回初共演となる木村&二宮という奇跡の2ショットを

撮り下ろした “ 渾身のポスター ”。


今作の 「 顔 」 となるメインビジュアルの撮影を日本写真界の鬼才

・荒木経惟に依頼。

打ち合わせの場では、<木村拓哉>、<二宮和也> というトップ俳優の

2人を撮るうえで荒木氏は 「 年齢を重ねてきた男の 「 顔 」 を撮りたい 」

と提案。

さらに、今作は2人が演じる検事が対立していく、という筋書き上、製作陣は

2人を別々に撮影することを思い描いていたが、荒木氏自身から

「 2人を同時に撮影したい 」 とさらなる提案があった。

その意図として

「 そこに2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。

それを撮る 」

「 お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る 」

という荒木氏の狙いがあった。


昨年の9月3日に映画本編の撮影が終了する間際、奇跡的に空いた

スケジュールを抑えて、その直前の9月1日に都内のスタジオにて

撮影が行われた。

荒木氏自ら照明を調整し、自身も動きながら、寄り、引きと2人の

「 顔 」 を切り取るベストな画角を模索しつつ撮影は進んでいく。

まさしくそこで展開されるのは被写体と撮り手の真剣勝負。

作品さながらの心地よい緊張感と共に2人の表情を引き出していく。

フィルムカメラのシャッター音が30分弱鳴り響き続け、撮影は終了。

「 一線を、超える。 」

という本作の登場人物の心象、ストーリー、そして今回、奇跡的に

実現した初共演をもそのままに一言で表したコピーが合わさることで、

とてつもなく圧倒的、目にするものの視線を釘付けにする渾身のポスター、

映画の 「 顔 」 が完成した。


さらに、初解禁となる特報映像は木村&二宮の演技の真剣勝負。

音楽はほぼ皆無。

台詞とその芝居のみで鬼気迫るぶつかり合いが描かれている。

30秒という短い時間ながら、それぞれの人物像、そして対立していく様を

見事に切り取った、緊張感がみなぎる衝撃の映像に仕上がった。

( modelpress編集部 )



やっと、解禁になりましたね 





青空レストランの、にのちゃん
2018年04月08日 (日) | 編集 |


【 茨城の銘柄豚肉 】

昨日の 「 満天☆青空レストラン 」 で紹介された 、梅山豚

( メイシャントン ) 、おいしそうでしたね!

茨城県は、全国第2位の規模を誇る一大豚肉産地。

豚の品種や飼料、育て方を工夫し、安全性やおいしさなどに

こだわった銘柄豚肉が生産されています(^ ^)


だそうです。

昨日は見れなかったので、今日見ましたが、にのちゃんが

可愛かった 

で、まさかの相葉ちゃんと間違えられるって、ね 

ビックリ 

あの梅山豚、美味しそうでしたね 

食べたい 

宮川さんとも仲良さげでね、見てても何か嬉しかったです。






読売新聞
2018年04月07日 (土) | 編集 |


今日の読売新聞 週刊エンタメ STORY に二宮和也さん。

《 読売新聞 》



読売新聞4/07



拾い画像です。

今月は、土曜日は全部、にのちゃんの回だそうです。

嬉しいです。

我が家は読売新聞やめたので読めなくなりました ・・・・




番宣番組
2018年04月06日 (金) | 編集 |


また、新たに増えましたね。


13 ( 金 )  ぴったんこカンカン

19 ( 木 )  夜会


結構前に、安住さんと、にのちゃんの目撃情報がありましたね。

夜会で楽しそうな、にのちゃんがTV誌に載ってるとか 



最近、どういう訳かHDDの編集してます。

残量が少なくなったからなんですが ・・・・

あと3時間だったから、焦りました。

地道に編集しなくては ・・・・

今は大丈夫です。




講演会講師にうってつけか、にのちゃん 
2018年04月05日 (木) | 編集 |



 「 TBSテレビ入社式 」 ( 2018年4月2日・TBSテレビ )

 2018年4月入社のTBSテレビ新入社員38人のために、

嵐・二宮和也がサプライズで登場した。

二宮の抜擢は、4月22日から同局でスタートする連続ドラマ

「 日曜劇場 『 ブラックペアン 』 」 の主演を務めるため、

番宣を兼ねてのものだ。

ちなみに二宮の入社式参加は初めてではない。

4年前、連続ドラマ 「 弱くても勝てます 〜 青志先生と

へっぽこ高校球児の野望 〜 」 主演の際に、同年の

「 日本テレビホールディングスグループ会社合同入社式 」 に

サプライズで参加している。


日テレの時は、

「 理不尽なこと言われたりとか納得できないことで怒られたりも

するんですけど、そんな先輩、たいした先輩じゃないから。

『 ハイハイ 』 なんて聞き流せば大丈夫だから 」 と発言。

新入社員激励というより、問題社員への道をあおっていたのが

印象的だった。

今回は、練りに練った内容で、新入社員からの質問にも積極的に答え、

この4年間でかなりの成長があったようだ。

あまりの語り口のうまさに、台本を読み込んでの演技!? と感じ

させる場面さえみられた。


「 さっきここに来て思い出したんですが、この会場の対面にある

会議室。

僕が14歳の時に 『 COUNT DOWN TV 』 のリハーサルだと

言われて来たんですけど、会議室に着いたら

『 二宮和也 断髪式会場 』 って書いてあって。

入ったら記者さんたちがいて、用意された真ん中の椅子に座ったら、

坊主にされて。

そこでドラマに出ることを初めて知りました。

皆さんが入社したのはそういう会社なんです。

自分がドラマに初めて関わった時のことを思い出すことになって、

すごく懐かしいなと思いました 」

と、デビュードラマ 「 元旦特別企画・松本清張原作 『 天城越え 』 」

( 1988年 ) での思い出をからめて当時をひもといた。



一番感動した出会いはイーストウッドの 「 硫黄島からの手紙 」


嵐としてデビューして19年。

その間、グループのメンバーにライバル意識を感じたことは

さらさらない様子。

「 皆さんと僕が違うのは、僕は出世はしないんです。

" あと2年でV6です " とか、" あと5年でTOKIOです " とかじゃなく、

ずっと嵐でいるわけで。

だからあまり競争意識はないんですが 」

と自然体できたことを強調した。

「 皆さんはこの先同期が上にいったりすると悔しいと思うかもしれないけど、

それは最初くらいなんじゃないかな。

それが嬉しさに変わったりする時期がくると思うんです。

その時に同期の絆や思いっていうのを忘れないでいられると、いい人間に

なれるんじゃないかと思います 」

「 今までの人生で一番感動した出会い 」 として、クリント・イーストウッド

との出会いをあげた。

オーディションを受けて役をゲットした映画 「 硫黄島からの手紙 」

( 2006年 ) の監督だ。


「 みんなが知っている人だけど、みんなが会えない人ですよね。

その方にお会いできるチャンスを僕は頂けて感動しましたね。

映画に参加させていただいて、演技指導もしていただいて。

彼は 『 僕は毎日現場に宝物を拾いに来ている。

その宝物をつなげたら映画になったんだ 』

って言っていて。

僕も映画監督になったらこれを言おうと思っています。

それくらい概念の違う人。

皆さんもそういう上司に出会えると、仕事の考え方も変わってくる

だろうし、想像以上の仕事ができるんじゃないかなと思います。

働くのは自分1人でするわけじゃないですからね 」

とチャンスをものにして、見事に監督の期待にこたえ、実績を作り上げ、

演技派俳優と呼ばれるまでになりあがった原点を明かした。



「 親孝行したいという思いが親孝行なんだ 」 と親子論を


撮影当時は英語を一切使わず、監督やスタッフにも日本語で押し通して

コミュニケーションを作り上げた二宮。

ぶれない自分を持つのは、最重要課題のようだ。


また 「 初任給で親孝行したい。

社会に出て初めてした親孝行は? 」

と聞かれると、何と

「 親孝行したい、というその思いが親孝行だと思って、僕はまだ

していません 」

と頭から否定。

「 親って、一番分かってくれる人だと思うんですよね。

一緒にご飯食べに行ったり旅行に行ったり、それは自分のお金では

なくて、お父さんお母さんのお金で行った方がいいと僕は思いますよ。

すごいこと ( 社会人になったこと ) はもうしているし、自分が

子どもでいられるのはお父さんとお母さんの前だけだから。

そこはちゃんと子どもとしていた方がいいんじゃないかな 」

とパラサイトの勧めとしか取れないユニークすぎる親子論を

ぶっちゃけた。


爆笑あり、真剣に語る部分も忘れない。

体験をもとにした熱心なトークといい、意外にも講演会講師には

うってつけの逸材であることを証明して見せた。


知央




にのちゃんは、人はと違う視点から見れるから話も面白いし、

なるほどって思う話もするし、講師になれると思います。

まだ親孝行はしてないって言ってますが、お母さんのお誕生日に

食事したり、エステに連れて行ったりしてますね。

ゲームニッキに書いてましたよ。

今はそういう考え方かもしれませんね。


 

嵐にしやがれにYOSHIKIさんもユーミンも ♪♪
2018年04月05日 (木) | 編集 |



【 嵐・YOSHIKI/モデルプレス = 4月4日 】

4月7日放送の日本テレビ系バラエティ番組 「 嵐にしやがれ 」

に、X JAPANのYOSHIKIが初登場する。


番組では、小学生から大ファンだったという櫻井翔のリクエストにより

「 Forever Love 」 を生披露。

さらにYOSHIKIから、嵐をイメージした曲を即興でピアノ演奏するという

プレゼントも。

これには櫻井も 「 膝から崩れ落ちそう 」 と感激した。


また 『 今夜、直接聞きたい!YOSHIKI伝説 ウワサの真相! 』

と題し、

「 小学生の時に、専用トースターを持参!? 」

「 シャワーが熱すぎて、仕事をキャンセル!? 」

など、まことしやかに囁かれている都市伝説的な逸話の真相を

直接聞いて解明する。


そして 「 デスマッチ 」 にも参戦。

YOSHIKIが人生初の早押しクイズに挑み、意外な実力に、

嵐も仰天。

チョコレート、ウニ、肉、ラーメンなど、YOSHIKIの大好物を

賭けた戦いはいかに …。


松任谷由実も初登場

さらにデビュー45周年、松任谷由実も初登場。

「 ユーミンの大切なもの 」 として 

「 マイケル・ジャクソンのお宝 」 から、日常買い物に使う

「 電動自転車 」 までがスタジオに。

今まで見たことないユーミンの歴史が次々と明らかになる。


「 This is MJ 」 には、小栗旬が初登場。

プライベートでも親友同士の2人。

まさにラスボスともいえる相手の登場にMJも燃える。

( modelpress編集部 )



硫黄島からの手紙の裕木奈江さん
2018年04月04日 (水) | 編集 |


3月24日の日テレ系 「 メレンゲの気持ち 」 に出演した女優の

裕木奈江が、嵐・二宮和也との共演を語った。


現在アメリカ在住で世界を舞台に活躍する裕木。

日米の映画・ドラマの他にアイスランドの作品にも出演した国際派で、

KAT-TUNの亀梨和也主演ドラマ 『 FINAL CUT 』 では14年ぶりに

日本のドラマにカムバックしている。


そんな裕木の転機の一つとなったのがクリント・イーストウッド監督の

映画 『 硫黄島からの手紙 』 ( 2006年 ) だ。


渡辺謙主演の同作で裕木は、二宮和也演じる陸軍一等兵の妻を演じた。


裕木は当時について、

「 二宮さんのことは、顔と名前は一致してなかったんですね 」

と語り、海外生活が長く “ 嵐 ” の存在を知らなかったため、

二宮とは一人の俳優として出会ったという。


さらに、 「 “ ( この人が ) 旦那さん役の二宮さんだよ ” と聞いてから、

YouTubeをチェックしたりして。

『 この方なのね 』 と。

『 随分若いぞ? 』

と思い 」

と続け、年齢差が気になったというが、いざ共演してみての感想は

「 普通のコメントで申し訳ないですけど、とてもお芝居が上手いんですよね。

出来上がった作品を見ても、物凄く良いですよね 」

とのことだ。


裕木は

「 もっとカッコイイ感じの方かと思ってたんですけど 」

と語り、いかにもアイドルという風なのかと思いきや、人間味溢れる芝居を

演じた二宮の才能に驚いたのだという。



記事提供元:ググットニュース





桜吹雪
2018年04月04日 (水) | 編集 |


満開だった桜も少しづつ花吹雪になってきました 


20180330小学校  20180331桜花アップ  20180404桜吹雪

30180326杏  20180331菜の花  20180331チュウーりップ

20180404芝桜紫  20180404芝桜ピンク  



我が家の前の桜も花吹雪になってます 

散歩で見つけた、菜の花、チューリップ、芝桜、杏 ・・・

春はカラフルな花が次々と咲いていいですね 

花粉が飛ばなければもっといいんだけど ・・・ 




TBSの入社式
2018年04月03日 (火) | 編集 |


TBSの入社式 「 ビビット 」  だけ予約してたのですが、

他の番組でも流れたようです 

「 ビビット 」  には、ちょっとガッカリでもっといい話をしてた

のに、なんでそのチョイス 

でも社長さんと仲良さげな、にのちゃんに親父キラー炸裂だなって

見てました。


「 弱くても勝てます 」  の時は、日テレの入社式に参列してて

今回が二回目ですね。

なかなかそんな機会ないですから、そんな運もあるのかな。

沢山の人が 「 ブラックペアン 」  見てくれますように ・・・




ビビットで、にのちゃん
2018年04月03日 (火) | 編集 |

 4月22日より放送スタートとなる日曜劇場 「 ブラックペアン 」 の主演を

務める嵐・二宮和也が、TBSテレビ入社式にサプライズゲストとして登場。

新入社員からの 「 今までの人生で一番感動した出会いは? 」

との質問にクリント・イーストウッドを挙げ、

「 みんなが知っている人だけど、みんなが会えない人ですよね。

その方にお会いできるチャンスを僕はいただけて。

感動しました 」

と映画 『 硫黄島からの手紙 』 ( 2006 ) でタッグを組んだ

巨匠との貴重な経験を明かした。


 司会からの

「 新入社員のみなさんのために、駆けつけてくれた方がいます 」

と紹介を受け、突然現れた二宮に歓声を上げ興奮する38人の

新入社員たち。

二宮は、1998年放送のTBSスペシャルドラマ 「 天城越え 」 

でテレビドラマデビュー。

二宮は、

「 さっきここに来て思い出したんですが、この会場の対面に

ある会議室。

僕が14歳の時に 『 COUNT DOWN TV 』 のリハーサルだ

と言われて来たんですけど、会議室に着いたら

『 二宮和也 断髪式会場 』

って書いてあって ( 笑 ) 」

と役のために記者陣を前に、丸刈りにされたエピソードを披露。


 「 入ったら記者さんたちがいて、用意された真ん中の椅子に

座ったら坊主にされて ( 笑 )。

そこでドラマに出ることを初めて知りました ( 笑 )。

皆さんが入社したのはそういう会社なんです ( 笑 )。

( 今日入社式に参加したことで ) 自分がドラマに初めて

かかわった時のことを思い出すことになって、すごく

懐かしいなと思いました 」

と当時を回想して笑いを誘った。

 
また新入社員たちとの違いとして、自身は常に嵐のメンバーで

あり 「 出世はしない 」 ことを挙げながら、

「 皆さんはこの先同期が上にいったりすると悔しいと思うかも

しれないけど、それは最初くらいなんじゃないかな。

それがうれしさに変わったりする時期がくると思うんです。

その時に同期の絆や思いっていうのを忘れないでいられると、

いい人間になれるんじゃないかと思います 」

と新入社員にエール。

 
新入社員からの 「 人生で一番感動した出会い 」

の質問では、クリント・イーストウッドとの思い出話に。

「 映画に参加させていただいて、演技指導もしていただいて。

彼は “ 僕は毎日現場に宝物を拾いに来ている。

その宝物をつなげたら映画になったんだ ”

って言っていて。

僕も映画監督になったらこれを言おうと思っています ( 笑 )。

それくらい概念の違う人。

皆さんも そういう上司に出会えると仕事の考え方も変わって

くるだろうし、想像以上の仕事ができるんじゃないかなと思います。

働くのは自分ひとりでするわけじゃないですからね 」

と奥深い言葉を送った。

 
二宮は新入社員の質問に丁寧に答え、

「 二宮さんが社会に出て初めてした親孝行は? 」

との質問には

「 親って、一番分かってくれる人だと思うんですよね。

一緒にご飯食べに行ったり旅行に行ったり、それは自分の

お金ではなくて、お父さんお母さんのお金で行った方がいいと

僕は思いますよ 」

と意外な回答。

「 ( 社会に出たという ) すごいことはもうしているし、自分が

子どもでいられるのはお父さんとお母さんの前だけだから。

そこはちゃんと子どもとしていた方がいいんじゃないかな 」

と独特な持論を展開した。

( 編集部・石井百合子 )

日曜劇場 「 ブラックペアン 」 は4月22日より毎週日曜

よる9:00~9:54、TBS系にて放送 ( 初回は25分拡大 )



この様子が 「 ビビット 」  で流れるそうです。

間に合えばいいんですが ・・・




花吹雪
2018年04月01日 (日) | 編集 |


今朝、ラインが届いてみたら背景に花吹雪が降ってた 



moblog_dbbf6452.png



わかりにくいので、もう一枚



20180401花吹雪


クリスマスの頃に雪が降ってたのは覚えてますが、桜の花吹雪も

降ってたのかな 

覚えてません 



** 画像を足して、文章を入れたらブログが変な風になったので、

拍手してくださった方もいらっしゃったんですが、書き直しました。

ごめんなさい ( m_m )     **




ユーミン
2018年04月01日 (日) | 編集 |


松任谷由実さんが来週OA予定の 「 嵐にしやがれ 」

収録時の嵐の印象をお話しされています。

『 すごくいい連中で、本当に仲良しでナチュラルで、

私が言うこともいちいち面白がってくれる。

レスポンスのキレが良くて、ウィットに富んでて優れた

グループだなって思った。 』




嬉しいお言葉です。