FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
心温まる話
2019年12月27日 (金) | 編集 |


嵐くんが出てくるのを待ってる間にネットサーフィンしてたら

素敵な話を見つけました。




私の使う香水は多分廃盤になって久しいんだよね。

10歳くらいの女の子とすれ違った時に女の子がすごい勢いで

「 おがぁざん! 」 って振り返って呼び止められた。

5年前に亡くなったお母さんと同じ香りで探しても探しても

みつからなかったのに、背格好も似てる後ろ姿で同じ香りで

泣いて呼び止めたんだそう。

都内の某駅で人通りも多く号泣してるし、ほっとけないから

ぽんぽん背中をたたきながら話を聞くといろいろ話してくれた。

香水がもう売ってるのを見かけないことを伝えたら、

すごくがっかりしてたので使いかけで申し訳ないけど持ってる

香水を渡してあげた。

化粧も香水もよくわからないとの事だけど、お母さんに近づけるのが

嬉しいってはにかんでた。

未成年でしかも塾帰りの子が、知らない大人から物をもらって

帰ってきたらお父さんも心配だろうから名前と連絡先を書いたメモを

渡して別れたのが1ヶ月前。

その日のうちに、お父さんからお礼のメールはいただいてたんだけど、

今日またそのお父さんから連絡をもらった。

お別れが突然だったから、失った日常をなんとか回すのに必死だった。

私のやり取りをきっかけに、より一層娘と仲良くなれました。

最高のクリスマスを過ごせましたって報告だったんだけど ・・・

物が人を不幸にすることもあれば、今回のように誰かの気持ちを楽に

することもあるんだね。

愛着のある物、ことさらにおいだけでは探すのも大変だったろうなぁ。

あの後、うちにストックのあった未開封の香水をお送りしてます。





通りすがりで失礼します。

私は11歳で父を亡くしました。

数年後、兄がタバコを吸い始めた頃

「 お父さんが帰っできた! 」

と、家中探し回ったことを思い出しました。

香りや匂いの記憶って普段はあまり意識してないですけど

かなり強烈ですね。



FF外から失礼いたします。

1年くらい前の探偵ナイトスクープで、

「 闘病生活の末に亡くなったお父さんのパジャマの匂いを

残したい。

再現してほしい 」

という依頼があったのを思い出しました。

香料会社の方が再現して、奥さんも娘さんも息子さんも号泣。

匂いって思い出と直結するんだと思います。



この方の対応が素晴らしくて、小学生のお嬢さんもお父さんも

喜ばれてて、お話しを読んだだけだけど、温かい気持ちになれました。

匂いって記憶に残るものなんですね。


さぁ、もう少しで嵐くん出てくるかな 



スポンサーサイト




嵐の囲み会見ほぼ全文レポート
2019年12月27日 (金) | 編集 |

With on Line です。


嵐の囲み会見ほぼ全文レポート


写真集が出るようですが、10冊が1セットだとか 

嬉しいけど、お高いんでしょう 

どっちかというと、まだ映像化されてないコンサートDVDも

20周年だし、発売してほしいです 

嵐くんの誰か気がついて ・・・