FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
見慣れた風景 ・・・
2010年06月20日 (日) | 編集 |
いつも通いなれた道でもふとした時に思い出す記憶ってありますね 



管理人の住む団地近くの道路を通ると ・・・・

・・・・ 息子が高校生の時に、自転車と車でぶつかって

入院したなぁ ・・・って思い出します。

年末で彼はその日からバイトに行くと決めてたらしく、

謝りに行きました。

年末だからか帰りたい帰りたいって言って、あと1日入院

すれば保険からお金が出るっていうのに、帰る帰るって言って

帰りました 

主人はちょっと  でしたけど 









通勤途中の道を通ると ・・・・・・



・・・ あれは、ドリアラコンの札幌初日の朝 ( 初めての札幌

で、初めて一人で飛行機に乗った日  )

我が地域はゲリラ豪雨でした    

早めにタクシーで最寄の駅に行ったら、電車は徐行運転で

駅にはたくさんの人たちが待っていました 

このままでは、飛行場に行くバスに間に合わないと判断して、

主要駅までまたタクシーで行きました  

そしたら、この日は7月1日でバスの時間が変わっていたんです。

前日にチェックした時にはあった時間のバスがないんです 

次のバスが予定通りに着けばギリギリだけど、渋滞や高速道路がそんな

ゲリラ豪雨の為に不通とかになったら ・・・・ アウトです 

もう、心配で心配で祈るしかありませんでした 



なんとかギリギリに飛行場に着きましたが、なんせ手続きも初めてで

オタオタしてましたら、もう座席がキャビンアテンダントの近くしか

なくて ( 広かったけど ・・・ ) 、何かの時には、お手伝い

していただきますけど、いいですか 

って言われ何かの時って何よって心の中で、叫びながらなんとか無事に

飛行機は札幌に到着しました 

この時点で8割くらいこの度は終わった感がありましたが、コンサートは

今からだっちゅうの~~って感じでした ( すいません、古いギャグで 。。 )



そして、コンサートから帰って仕事に行く時に見たのは、道路の横の小さな崖

が崩れてて一方通行だったんです 

やっぱり、あの雨は普通じゃなかったんだ、コンサートに参加できて

よかったなって、思いました  




この時期だと、よく思いだす管理人の思い出です。

何かいつも事件が起こってる気がするコンサート参加です。

そっそかしいんですね、きっと 

今年は、事件はなくて参加したいです 



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する