FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
奇跡
2011年06月11日 (土) | 編集 |
最近土曜日といえば、夫婦で映画を観てる事が多い管理人です。

お昼からの半ドンって、何故だかノンビリできます。






そして、今日観たのは 「 奇跡 」 

少しネタバレありです。



この映画は九州新幹線 ( 博多 - 鹿児島中央間 ) 開通に向け

JR九州とJR東日本企画が企画した映画だそうです。

離婚した両親が仲直りし、再び家族4人で暮らす日を夢みる

お兄ちゃんは母親や祖父母と鹿児島で暮らしながら、福岡で

父親と暮らす弟と連絡を取っては、家族を元通りにする方法に

頭を悩ませていて、鹿児島や博多は九州新幹線全線開通で沸き

に沸いていました。

開通式の日、博多から南下する 「 つばめ 」 と鹿児島から

北上する 「 さくら 」 、二つの新幹線の一番列車が行き交う

瞬間に奇跡が起こるといううわさを聞きつけた2人は、まさに

「 奇跡 」 を起こすための壮大で無謀な計画を立て始める

……というストーリーです。


主人公の兄弟は “ まえだまえだ ” の小中学生漫才師。

この二人を始めとしてお友達や同級生の役で小学生が

たくさんでてるんですが、その会話の中にこんな話がありました。

1人の女の子がTVやCMで活躍してて、その子に聞いてるんです。

「 嵐の大野くんに会ったことある  」

「 ないけど ( 突然だったので、あるって言ったか、ないって

言ったか覚えてないのですが、多分ないと言ってたと思います  )

大野くん好き  ( こちらも多分そんな感じ ) 」

「 私は、にのが好きなんだけど  」

まさに、こんな会話があるなんて知らなかったので、

ビックリでした 



子供達には、セリフはその時にこんな感じで言ってと監督から

言われて、アドリブみたいだったって聞きましたから、生の

小学生の声なんだろうなって思いました。

こんなところにも嵐くんがいましたね 


映画は面白かったです。

惜しむらくは、映画が少し始まっていたので最初が観れなかった

のが残念でした。

子供達がノビノビしてて良かったです。

最近の日本映画はホントいいですね。




 拍手してくださった方々ありがとうございました。

     お気軽に遊びに来てくださいませ 



  







スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
この監督さん、子供を撮らせたら、すごいですよね!期待大の映画です。
2011/06/12(日) 14:20:53 | URL | あるふぁるふぁ #-[ 編集]
e-68 あるふぁるふぁ様

こんばんはe-15
お返事が遅れてごめんなさい。
そうですね、子供達のいいところがでてました。
まえだまえだのお兄ちゃんはもう中学生だそうで、大きくなりましたね。
2011/06/19(日) 22:43:36 | URL | パセリ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する