FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
マリオ 開発者がスペイン皇太子賞受賞 ☆☆☆
2012年10月27日 (土) | 編集 |
土曜日は、早出なので朝仕事に行く準備をしながら、ニュースを

見ていたら 『 “ マリオ ” 開発者にスペイン皇太子賞 』

って流れてて、にのちゃんが 『 ニッポンの嵐 』 で、対談してた

任天堂の人じゃないかな 

と、『 ニッポンの嵐 』 を出して見たらそうだった 


内容は以下のとおりです。





人気ゲーム 「 スーパーマリオブラザーズ 」 などの開発を手がけた、

任天堂の宮本茂専務に対して、ヨーロッパで権威ある賞として知られる

「 スペイン皇太子賞 」 が贈られ、26日、スペインで授賞式が

行われました。

スペイン皇太子賞は、科学や芸術などの部門ごとに毎年贈られるもので、

ことしは 「 コミュニケーションおよびヒューマニズム 」 部門に、

任天堂の宮本茂専務が選ばれ、26日、スペイン北部のオビエドで

授賞式が行われました。

数々のゲームのヒット作の開発を手がけた宮本さんは、

「 スーパーマリオブラザーズ 」 の “ 生みの親 ”

としても知られています。

賞の選考を行ったアストゥリアス皇太子財団は、宮本さんがゲームの

開発を通じて、性別や年齢、それに文化的な違いを超えて世界の人たちが

一緒に楽しむことを可能にし、 「 社会的な革命を起こした 」

とたたえています。

授賞式で宮本さんはスペインのフェリペ皇太子と握手をしたあと、会場に

向かって会釈をして観客の拍手に応えていました。


去年は、東京電力福島第一原子力発電所の事故現場で対応した作業員や

消防隊員らに、スペイン皇太子賞の 「 共存共栄部門 」 の賞が

贈られています。

受賞した宮本さんは 「 ゲームが幅広い年代の人に楽しんでもらえる

コミュニケーションの手段として評価されたことが大変うれしい。

マリオも技術の進化とともにいろんなパターンのゲームを出していったことが

こういう結果につながったと思うので、今後も新しい技術の可能性を感じながら

仕事をしていきたい 」 と話していました。



にのちゃん、知ってるかな 



 ブログにきてくださった方、拍手してくださった方、ありがとう

     ございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する