FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃん@福岡 ☆☆☆ ④
2013年04月01日 (月) | 編集 |
では、7000人が告知から2時間で集まったという駅前広場

での様子です。



私たちは、駅前広場がどこあるか知らないので、教えてもらったら

外だということで、( 駅の構内だと思ってました ) 並ぶ前に

そこを確認してみました。

たまたま2階のバルコニーに出られたので、下を見たら結構もう

並んでてびっくりしました 

私たちが舞台挨拶を聞いてる間に情報がアップされてたので、もう

出遅れてましたね。






でも、まだ1時間半以上の時間があるので、簡単に食べれるものを

買って並んで待ってる間に食べようって言うことになり、歩いてると

“ TOHOスタッフ ” のネームプレートを首から下げてる

スーツの男性が携帯で 「 封鎖する  」 なんて

言ってる横を通ったので、封鎖するなんて日常では言わないし、

織田裕二の映画じゃないんだから、これはこの2階を封鎖って言う事

だから下に行こうって言う事になりました。


で、軽いランチを買って結構前の方が空いてた所にスタンバイしてたら

隣にいた若い子が上に来るらしいからここだと見えないって警備員さんが

教えてくれたっていってたのを聞いて、見えるところに移動しました。

ちょうどテレビカメラがあって、3階の方に向いてたし、GANTZの

時も高い所からだったから、3階だねって納得しました 

女性のスタッフの方に上の方に来るんですかって聞いたら、どうでしょうって

はぐらかされました 

でも、カメラの向きが3階だから間違いないよねってテレビカメラ絶対説を

言ってた私たち 


3階にはベージュのブレザーを着たスタッフさんがずっと立ってました。

そのあと警察の人達も2階に並んで待機してたり、テレビカメラが一時

移動してどこかにいなくなったりしたけど、絶対に3階のバルコニーって

決めて待ってました。



近くには女子高生軍団がいて、待ってる間ににのちゃんだけじゃない

メンバーのうちわを高く掲げたり、 “ リュウ・神楽 ” って

揃って叫んだり、“ にの ” って揃って叫んだり、 “ ブレスレス ”

を踊って歌ったり、まぁパワー溢れる女子高生に楽しませてもらいました。


15分前ころになったら、2階で待機してた警察官がパッ~て散らばって

いきましたので、そろそろだってドキドキまたしてきました 

そのうち、3階にもカメラが来てたので、いよいよですね。

福岡は、この日とってもいいお天気で、日焼けしそうなくらいの

お天気でした 



15時になったら、司会の方が登場しました。

舞台挨拶の司会の方とは違う方でした。

にのちゃんは、WSで見たように登場して、なんか凄く恐縮して

ました。

「 しゃれとんしゃ~ 」

って言うと駅前広場は大盛り上がりでした  

外で聞いてたらマイクの音が割れて聞こえにくいことも多くて

WSの方がハッキリ聞こえました 

舞台挨拶では、初めて見た方も思ったよりいて、2回以上の方が

ほとんどでしたが、駅前広場で質問されてにのちゃんは1回から

15回まで一つづつ区切りながら言って、見てくれたらなぁ 。。。

なんて言ってました。

時々、 「 すいませんね 」 みたいに上から謝ってました。

1位が博多で2位が宮崎で九州は凄いなって言った気がします。

すいません、忘れてますね 


で、一応挨拶が終わったら写真撮影で、にのちゃんは一旦さがって

ベージュのブレザーの方がにのちゃんの代わりのピント合わせをしてから

またにのちゃん登場 

まずは、TVカメラの撮影、雑誌の撮影、もう終わりだと思ったら

スポーツ新聞の撮影で、にのちゃんも大変だね 


そして、にのちゃんは手を振りながら去って行きました 

で、この時の事をにのちゃんは、

「 ちっちゃい国の王様になった気分でした ( 笑 ) 」

と言ってたとか 

「 良かったら皆さん今度あの場所にたってみて下さいね。

  国民になったのはここかって思えますよ。

  同時に王様にもなれるから  」

って後の舞台挨拶で言ってたそうです。




私たちも国民になってましたね、にの王様にキュンキュンでした  

次の日のWSで自分たちを探してスローで見たけど、良く

わからなかったです 

二回も生にのちゃんに逢えて ( 今年初めて ) 嬉しかった

1日でした   

誘ってくれたYさん、ありがとうございました 



 拍手してくださった方々、ブログにきてくださった方々、ありがとう

     ございあMした。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する