FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
アイスマン
2013年04月14日 (日) | 編集 |
昨夜、興味深い番組がありました 


それは、今から20年前にイタリアとオーストリアの国境近くで

発見された冷凍ミイラの実態にせまった番組です。


エジプトミイラが岡山の美術館に来た時には、見に行って

もっと見たかったって思った管理人ですから、ミイラって

聞いたとたんに、録画スイッチを押しました。



5300年前のアイスマンだったのですが、興味のあるかた

はどうぞ ・・・




ドイツ人夫婦がアルプスの散歩中にガイドブックには載っていない

道を行っててたまたま見つけたのが、アイスマン。

最初は、アルプスで遭難した人だと思われてて、パスポートや

名前が入った指輪があれば身元はすぐに見つかりますよ、なんて

言われてたのが、一応考古学者に見てもらったら、先史時代の

ミイラだとわかったんだそうです。

イタリアとオーストリアの国境で見つかったので、双方が権利を

主張して測量して、イタリアってわかって、その麓の街の美術館に

保存されてるそうです。

普段は、-6度97%の冷凍室で保存されてて、2ヶ月に一度

取り出して水をかけて乾燥をふせいで保存状態が悪くなってないか

などを調べるのだとか。



冷凍のままだと表面しか確認できないので、今回18度まで解凍して

9時間だけいろんな部位からいろんなものを採取したんだそうです。

現代の医療や科学でいろんな事がわかってきました。

DNAから目は茶色髪も茶色中肉中背で46歳前後とわかったって 

身体に何ヶ所かの印があって、それがタトゥーだってわかって、

それが鍼灸のつぼの位置とほとんどかわらなかったって 

腰が相当痛かったようなので、その治療もかねてのタトゥーだった

らしいって。

その頃は、メソポタミアの頃でまだ中国文明はまだの時代だったのに

そんなことが行われてたり、パンを食べてたり、食事も肉にハーブも

入れられたり、想像をはるかにこえてたそうです。



発見されたのが変な格好だったから、遭難したと考えられてたのが、

肩に鏃が入ってるのがわかって、背後から矢で打たれて、頭にも

出血の後があったり、殴られたらしいとわかったり、現代の科学の

進歩に驚かされました。



プラチナデータがDNAに関連した映画だったせいもあったかも

知れませんが、管理人にはとても興味深い番組でした。

5300年前の人の暮らしぶりがわかるなんて、想像の世界でしたが

本当にわかるんですね。

願わくば、いい方向にこの科学が使われる事を祈りたいです。



嵐ヲタには、不似合いなお話でした 


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する