FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
車でGUTS聞く
2014年05月13日 (火) | 編集 |



マイカー通勤では未だにLOVEバム聞いてます  

CDやTVは聞いたり、見たりできなくなってるマイカーの

ナビです。

なので、ラジオかMDになるわけで、MDを選択してる管理人は

CD  MD に録音しなければなりません。

ビタスイは、録音済みなので、今日はGUTSを録音しました。



実は、今回のMステというかGUTSがなぜかしっくりと

来てなかったんです 

PVみてもダメだったし、ドラマで流れても今一って、

にの担としてありえない反応でした。

今回Mステも、あの赤のベストが嫌で、衣装が気に入らず

何かもやもやしてました     

が、しやがれで歌う、にのちゃんがとっても良くて、闇から

抜け出せた管理人です。

ここ何日かは、きづいたら鼻歌でGUTSを歌ってる 

良かった、にのちゃんのドラマ主題歌を良い心地で聞けるって

嬉しいです 




こんな記事見つけました。



嵐 『 GUTS! 』 50万枚超えチャート1位に 

楽曲に込められた 「 音楽的仕掛け 」 とは?

リアルサウンド 5月10日(土)



参考 : 2014年04月28日 ~ 2014年05月04日のCDシングル

     週間ランキング ( 2014年05月12日付 ) 

     ( ORICON STYLE )


 週間ランキングの1位は嵐の 『 GUTS! 』 。

初週売り上げは50.1万枚を記録し、2月にリリースされた前作

「 Bittersweet 」 に続いての50万枚超えを達成。

さらには、この週でデビューからのシングル総売上枚数が

2000万枚を突破。

男性アーティストでは、B’z、Mr.Children、SMAP、GLAYに

次ぐ史上5組目の記録となった。

 5月28日には早くも次作シングル 『 誰も知らない 』 が

リリースされる。

これもオリコン1位を記録することは確実。

押しも押されもせぬ国民的グループとして、嵐はこの先も様々な

記録を塗り替えていくことだろう。

 さて、ここで書きたいのは、そんな嵐の新曲 『 GUTS! 』

に込められた非常に野心的な音楽の仕掛けについて。

基本的にはとても爽やかでキャッチーな楽曲である。

ブラスバンドのファンファーレを思わせる華やかなイントロに

始まり、ラテンなビート感とファンキーなカッティングを散り

ばめつつ5人が楽しげに歌う。

「 ♪ラララ ~ 」 というユニゾンで始まる歌のメロディも、

とても陽気な響き。

MVのサビで繰り広げられるダンスの振り付けも含めて、クールさ

よりも親しみやすさを重視した 「 参加型 」 の楽曲に

なっている。

 ただ、そんな曲調の中で際立っているのが、Aメロのラストで

歌われる 「 ♪心がざわめいていた ~ 」 の部分だ。

全編わかりやすいメロディーの中で、この部分だけ中近東っぽいと

いうか、スパニッシュというか、どこかエキゾチックな響きの

旋律になっている。


ここ、音楽的に説明すると 

“ ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ ” 

という、普通にはあんまり使われないタイプのスケール 

( 音階 ) を使ったメロディなのである。

さらに面白いのは、この曲は転調のテクニックも駆使している、

ということ。

イントロの 「 ♪ラララ ~ 」 という歌い出しの部分で

いきなりBメジャーからBマイナーに転調。

その後、Bメロの歌い出し 「 ♪光の無い 荒野を独り いざ行け ~ 」

のところでBメジャーに転調し、さらにはサビの

「 ♪VIVA 青春 」 で再びBマイナーに転調。

かなり頻繁な転調を行っているのである。

 これは何かというと、亀田誠治が以前に音楽番組

『 亀田音楽専門学校 』 で解説した 「 シークレット転調 」

のテクニック。 
 
亀田誠治が “ バトンのメロディ ” と呼ぶ、転調を滑らかに

するためのメロディが、この曲でも使われている。

それがAメロの 「 ♪心がざわめいていた ~ 」 の部分

なのである。

 まとめよう。

 嵐の 『 GUTS! 』 では、

“ ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ ” の

スケールを “ バトンのメロディ ” に使った

“ シークレット転調 ” のテクニックを駆使している!

ということなのだ。

こう書くと、ちょっと必殺技っぽいでしょ?

( 筆者は音楽理論やアナリーゼを専門的に学んだ人間ではないので、

もし間違っていたらごめんなさい )

 この曲の作曲を手掛けたのは 「 SAKRA 」 という作曲家。

詳しいバイオグラフィーは明らかになっていないが、これまで

チームしゃちほこ 「 尾張の華 」 やアイドリング!!!

「 サマーライオン 」 の作曲を手掛けてきたキャリアの持ち主。

つまり2010年代の女性アイドルブーム以降のJ-POPの新潮流を

踏まえたクリエイターであることは間違いないだろう。

 ジャニーズの音楽性ということで言えば人気アーティストを

積極的に起用するSMAPに注目が集まりがちだが、押しも押されもせぬ

人気グループである嵐も、実はかなり挑戦的な試みをしているのである。

その辺も、とても面白い。
.
柴 那典




こんな考えもあるんですね。



 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する