嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃん映画決定 !!
2014年12月17日 (水) | 編集 |

今日夕方にお友達からラインやメールで知らせて

くれました 


で、PCで確認して、嬉しくて 。。。。

山田洋次監督で、吉永小百合さんと親子役って、夢の

様で、なんか泣けました 

こんな事で泣けるって、まだ純粋なとこがあった自分にも

ビックリでした 




吉永小百合&二宮和也、初共演で親子に!

来年12月公開山田洋次監督新作で


 女優の吉永小百合と嵐の二宮和也が、来年12月

公開の山田洋次監督最新作 『 母と暮せば 』 で

初共演し、親子を演じることが17日に明らかになった。

この日、吉永は都内ホテルで行われた製作発表記者

会見で 「 また山田学校に帰ってくることができて、

とてもうれしく思っております。

二宮さんと親子ということで、全国の二宮さんのファン

からにらまれそうな気もしているんですが、

すてきな親子になれればいいなと思います 」 と

冗談交じりで決意を語った。

会見には、二宮和也、黒木華、山田洋次監督も出席した。



 劇作家・井上ひさしさんのヒロシマをテーマにした戯曲

「 父と暮せば 」 は、黒木和雄監督によって映画化

されているが、晩年の井上さんは長崎と沖縄をテーマに

した 「 戦後命の三部作 」 ともいうべき三作品に

取り組んでいた。

本作は、井上さんの遺志を継いだ山田が、

「 ナガサキ 」 をテーマに、 『 父と暮せば 』 を

手本にして脚本を書き上げたもので、山田は

「 生涯で一番大事な作品を作ろうという気持ちで

おります。

まだ準備の段階ですが、スタッフも1年かけて準備

しております。

クランクインは先ですが、いい作品を仕上げなければ、

井上さんにも、長崎の皆さんにも申し訳ない。

頑張ってやり遂げようと思っております 」 と

強い思いを語った。
.

 終戦から70年となる2015年に公開される同作は、

1948年8月9日の長崎から物語がスタートする。

吉永演じる助産師の伸子の前に、3年前に原爆で

亡くしたはずの息子・浩二 ( 二宮 ) が突然現れ、

その日から伸子と浩二の奇妙だが幸せな時間が始まる。

医大生であった浩二には、かつて町子 ( 黒木華 ) と

いう恋人がいた。

しかし、この世から去った存在にも関わらず、浩二は

「 町子に好きな人が現れたら、あの子のことを諦める

しかないのよ 」 という母の言葉を受け入れることが

できない …… 。

クランクインは2015年春。

秋に完成し、12月に公開される。
.

 吉永との初共演に緊張した面持ちの二宮は、

「 ここに座っている意味、呼ばれた意味を問いかけながら、

監督の指導のもと、吉永さんからもいろいろなものを

になると思っている。

僕の方こそ全国の吉永さんファンに睨まれないように

頑張りたいと思います 」 と抱負を述べた。



『 母べえ 』 『 おとうと 』 に続いての山田組参加となる

吉永は、戦後70年という年に公開されることについて、

「 これは個人的な意見ですが、 『 戦後何年 』 という

言い方が続いてほしい。

そういう中で、この作品に出演できるのは意味があること

だと思います 」 と感慨深い様子。

二宮は、 「 僕は30代だけど、この世代は、文字とか、

紙、教科書でしか戦争を知ることができない。

来年 ( 戦後 ) 70年になるが、僕自身、僕の世代や

下の世代、僕を応援してくれる人たちが作品に触れて

くれることで、戦争を風化させないようにするのが使命

かなと思っています 」 とその思いを明かした。


. シネマトゥデイ 12月17日(水)17時44分配信

   (取材・文:壬生智裕 )



緊張してる、にのちゃんでしたね。

紅白で山田洋二監督にインタビューした、にのちゃん

ですが、その出会いが繋がっているのが嬉しいです。







 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する