嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
タカハタ秀太さんのつぶやき
2015年03月17日 (火) | 編集 |
少し前のつぶやきです。



赤めだか、アップして5日、別の案件で撮影監督と再会。

おれ 「 二宮、よかったよね 〜 」

撮監 「 よかったっすよね 〜 」 

としみじみ。

それだけで現場が甦る。

など。

まだ放心状態。  



って、嬉しいお言葉です。

編集に時間をかけるようですが、談春さんの独演会での

お話も聞こえてきました。



談春さん : 落語を教えようか 

P  :  忙しいから難しいです。

      落語をやってビデオだけください。

      それを渡しますから覚えてくるでしょう。

談春さん :  そんなもんじゃない。

         できないよ。

         やったけどできないと余計に迷わせることになる。

         そんな感受性を持ってる人だと思うから

P  :  そこは伊達じゃないんで 

談春さん :  ( やれるならやってみな的なニュアンス)

         って思って1分半ずつ三ヶ所ずつくらいやって渡した。

         すごいよあいつ。

         今30年経った俺がこれだから設定は25年前だから

         おそらくこれぐらい下手だろうってとこまで想像して

         やってきた ( 会場笑 )





お友達も談春さんの独演会に行ったと言ってました。

先日神戸でも独演会があって、読売新聞に載ってました。

行こうって思わなかったけど、行ってみたいなって思う今日

この頃です。

凄く、楽しみです。



 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する