嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
母と暮らせばに関するラジオ
2015年06月08日 (月) | 編集 |

拾い記事です。


劇団 「 こまつ座 」 代表取締役社長の井上麻矢さんの

ラジオ抜粋。

今年は戦後70年ということもあって、母と暮せばという作品も

松竹さん120周年の演目で、山田洋次監督がメガホンを取られると

いうことで … 。

悲惨な歴史だけでなく、突然に大切なヒトを失ってしまう方、そういう方

全てに捧げたいと。

監督ならではの人情溢れるファンタジーの部分もあって、単なる平和の

映画ですよ、原爆投下の話ですよとかいうものではなくて、愛する人を

失ったすべての人へという意味合いを持って作られると聞いています。

長崎のロケハンに同行させていただいて、私にとっては宝物のような、

素敵な一週間でした。

企画が誕生してからまだ本当に時間が経ってないんです。

いかにこの作品が早く世に出てしまったというか、みんなに期待されて

みんなに愛されて世に出る作品なので、できるだけ多くの方が見て

癒されていただくことができればなという気持ちで参加しています。

( キャストについてニノ部分 ) 元々二宮さんて下町の方で、

監督自らやはり下町の情緒感が分かる方がいいなということで

すぐ決まっちゃったそうです。

本当の親子みたいですよね。

二人ともとても肌が綺麗でうなじが綺麗で。

この間後ろから、お祓いがあって見ていたらそっくり

なんですよね、お綺麗さが 







色々母と暮らせばの裏話的なものが出てきて、ワクワクしますね。


 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する