FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
心理テスト
2015年06月10日 (水) | 編集 |

古い雑誌で、にのちゃんが心理テストを受けた記事が載ってたようです。

読んだ気もしますが、すっかり内容は忘れてます 

これも拾い記事なんですが ・・・・



   “ 仕事をテーマに心理テストを受けた、にの ”


先 : では、仕事というテーマでインスピレーションで絵を描いてみて

    ください。

二 : ( 先生の顔色をうかがいながら、白のクレヨンでだ円形を描いてる )

    えっと、白いだ円形のあるものがある感じですね。

    だ円は動かないです。

    でも、柔らかい感じがします。

    白い紙なので、白で描きました。

    黒なら黒で描いてました。

    紙と同じ色で描くと思います。

    ( カメラマンに ) 悪いけど、これ映らないぞ ( 笑 )

先 : 二宮さんの描いたお仕事は背景と同じ色。

    柔軟性や変化はあるけど動かない。

    この紙を四分割 ( 田 ) して分析すると、上は意識的、下は無意識

    な素の自分。

    右は外の世界、左は創作活動など内面を見て作っていく世界という

    事になるんです。

    二宮さんは、ほとんど真ん中に描いてますね。

    自我状態がしっかりしていてバランスが取れているという事です。

    この絵の最大の特徴はフチ取りです。

    こういう絵の場合、フチ取りをする人が多いんです。

    フチ取りというのは、自分とまわりの感情との境界線。

    例えば、ひきこもりがちな人は二重のフチ取りをしたりします。

    逆にここまでフチ取らない人は、初めてです ( 笑 )

    自分の置かれた環境と一体化してるのでしょうか 

    白い紙なら白で、黒い紙なら黒でとおっしゃってましたが、その場の

    風景にちゃんととけ込んで、しかも動かない = 自分を見失わない。

    完全にまわりと融合してるけど、バランスをとりながらも自分を

    持っている方のようですね。

二 : かっこいい ~ ( 笑 )

先 : まわりに色をつけて自分を浮き立たせるパターンも多いんですよ。

    それは、まわりと一体化させると自分がいなくなるんじゃないかと

    不安になるから。

    二宮さんは、自分の中でしっかりとしたものがあって、ちゃんと

    表現すること、イマジネーションをふくらませることができる。

    役者さんとしては、パーフェクトだと思いますよ。

    どんな役でも、ストレスなくできるのでないでしょうか 

二 : ああ、そうなんだぁ ~ 

    誰とでも普通に喋れたりするしね。

    確かに、枠的なものはないかもしれないです。

    役を演じていてストレスもないですね。
    


先は先生、二は二宮さんの略です。

これは、いつ頃の雑誌なんでしょうか 

よくわからないけど 。。。

写真をみるとシュッとしてる、にのちゃんです。

らしい結果ですね。

若い時から、ぶれない、にのちゃんです。



 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する