嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃん、NHKSPのナレーターに !!
2015年08月13日 (木) | 編集 |


にのちゃんが、ナレーターに   

こういうお仕事して欲しかったんです。



「 NHKスペシャル ” 終戦 ” 知られざる7日間 」 の

ナビゲーターを二宮和也が務める。


嵐の二宮和也が、NHK総合で8月16日 ( 日 ) 夜9時から

放送される 「 NHKスペシャル “ 終戦 ” 知られざる7日間 」 

のナビゲーターを務めることが発表された。


「 NHKスペシャル “ 終戦 ” 知られざる7日間 」 は、

終戦70年のことしに1945年8月15日の玉音放送から、実際に

戦闘が停止するまでの “ 緊迫の7日間 ” を追い、現在に

至る戦後へと踏み出した日本人の姿を見詰めるドキュメンタリー。


当時玉音放送の2時間後に鈴木貫太郎内閣が総辞職、終戦処理を

行う内閣は8月17日に発足しており、政府・軍中央の統制は弱まっていて、

空白ともいえる状況に陥っていた。


実際に各地で戦闘は続き、アメリカ軍は日本の各部隊が戦闘をやめない

状況を想定した 「 ブラックリスト 」 と呼ばれる作戦まで計画していた。

番組では終戦の日から戦闘停止へと至る歴史にスポットを当てる。


今回、番組のナビゲーターを務める二宮は、'06年に公開された映画

「 硫黄島からの手紙 」 に出演し、その演技力を高く評価され、

ことしも長崎の原爆投下をテーマにした映画 「 母と暮せば 」 

( 12月12日土曜公開 ) に出演するなど、戦争の悲惨さや戦争が

もたらす深い傷痕と向き合い続けている。


今回は番組のナビゲーターとして、玉音放送からの1週間、どのように

戦いを終え、日本が戦後へと歩み出したのかを考察していく。




で、昨日の会見で白くて大きな折り鶴に監督や出演者がメッセージを

書いたのですが、にのちゃんは 「 皆で笑って 明日を迎える 」

って書いてました。

声高に反戦や核廃絶って書いてない、にのちゃんの心意気が

ステキです。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する