FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
末っ子ズ
2015年08月28日 (金) | 編集 |

こんな記事が、ありました。



嵐・二宮和也&松本潤の “ 同い年コンビ ” に漂う信頼感 

ふたりのワチャワチャはなぜ魅力的?

.

. 嵐の二宮担と松本担にとって、7月24日に放送された 『 VS嵐 』 は

心躍る内容だったのではないだろうか。

メンバーたちに 「 髪型がイマイチ 」 と指摘された二宮和也が、

まるで松本潤そっくりの髪型でスタジオに再登場し、ふたり並んで

ゲームに挑戦する姿は、とても仲睦まじく、スタジオには黄色い声援が

飛び交っていた。


 嵐の中では年少であり、同い年のふたりが織り成す 「 ワチャワチャ感 」 

には、独特の雰囲気がある。

たとえば相葉雅紀と二宮によるマイペースな感じや、櫻井翔と松本の

ゴージャスなムードとは違う。

もちろん親しさはありつつ、どこか緊張感もあり、それはふたりの

ポジションによるところが大きいのではないか。

 

 二宮と松本は、嵐の中ではともに演技派として知られている。

二宮は2006年に映画 『 硫黄島からの手紙 』 に出演してその演技力が

世界的にも評価されて以来、数々のドラマや映画で名演を行い、すでに

一流の俳優として認められる存在だ。

今年の12月には、山田洋次監督作 『 母と暮せば 』 でも出演する

ことが決まっている。

やさぐれた不良から心優しい好青年まで演じわける実力で、幅広い

作品に挑戦できるのは、彼の強みだろう。

 

 一方で松本は、恋愛ドラマの世界で大きな存在感を示してきた。

『 花より男子 』 で見せた美青年ぶりで人気に火がついた松本は、

その後の嵐の人気を加速させ、現在のブレイクへと導いた。

近作では、2014年に放送されたドラマ 『 失恋ショコラティエ 』 が

記憶に新しい。

華やかなプリンスとしての風格こそが、松本の演技の魅力と

いえるのではないだろうか
.


おたがいに異なるスタイルではあるが、演技に重きをおいた活動を

展開しているふたり。

良き友人でありながら、ライバルとしても意識し合う関係でも不思議ではない。

実際、ほかのメンバーに対しては甘えるそぶりやドSないじりをする

ふたりだが、おたがいに対してはどこか敬意を払っているように見える。

今回、 『 VS嵐 』 で二宮が松本の髪型を真似た際も、いつもは

相手をからかうような姿勢も見せる二宮だが、松本に対しては

そういう雰囲気はなかった。



 ただし、ふたりの関係がよそよそしいというわけではない。

松本の普段の行動を見れば、二宮に対し絶大な信頼を寄せているのは

明らかだし、二宮もまた、コンサートなどでピンチに陥ったとき、松本に

助けられてきている。

いわばふたりの間には、数々の困難をともに乗り越えてきた戦友同士の、

カラリとした男の友情が感じられるのだ。

 
だからこそ、ふたりの 「 ワチャワチャ 」 には独特の魅力があるし、

ファンの心を掴むのではないだろうか。



Real Sound ( 文=松下博夫 )



えって、思う所もありますが、こう思ってる人たちもいるってことですね。



 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する