嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
しやがれの即興劇
2015年11月01日 (日) | 編集 |

昨日の 『 しやがれ 』 の即興劇について、こんな

感想を書いてる方がいたので、アップします。



今週の 『 嵐にしやがれ 』 でゲストの生瀬勝久さんが

持ち込んだ企画で、嵐のバラエティ底力を見たと思ったので

この感動を伝えたい。



生瀬さんが持ち込んだ企画は俳優さんらしく 「 インプロゲーム 」

というもので、ペアを組み、最初と中間と最後 ( オチ ) に

必ず言わなければならないセリフという縛りをクジで決め、

その間のストーリーを二人で演じながら ” 即興で ” 

埋めていく、というものでした。



もちろん事前に打ち合わせはできないので、演じながら

相手の出方を読みつつ2人で息を合わせてオチに

向かって話しを転がしていかなくてはならないわけで、

最初にチャレンジした櫻井・相葉ペアは、相葉くんが

独自に ( 「 相葉ワールド 」 の中では筋が

通っているらしい ) 定めたオチへの道筋を櫻井くんが

途中から追えなくなって焦るという場面があり、ゲームの

難しさを物語っていました。

( という意味では、テレビ的には完璧に模範的な

” 最初のチャレンジャー ” だった )




凄かったのは二番手だった二宮・松本ペアの演技。

では詳細を追っていきましょう。

くどいようですがこれ、即興でやっているんですよ。



即興の縛りである事前に決められたフレーズは以下のみっつ。



最初の台詞 : 「 なんじゃこりゃああ 」

中間の台詞 : 「 やれるもんならやってみな! 」

最後の台詞 : 「 少しも寒くないわ 」



( これを引いた松潤が 「 俺、ミュージカルはいやだよ 」 

と気弱そうに言っていたので、この時点では最後のアナ雪を

受けてそのまま歌として演じるという可能性を考えていた

のかもしれません )



このインプロゲームにはもう一つ縛りがあって、それは警官

( 松潤 ) と一般の人 ( 二宮 ) という役割があること。

松潤は警官のコスチュームを着ており、舞台は交番のセット。



以上の設定でインプロがスタート。

松潤ポリスがいる交番に、ニノが最初の台詞

「 なんじゃこりゃああ 」 を ” 腹部を押さえて ”

叫びながら入場してくる。



松潤は 「 大丈夫ですか? 」 と心配するそぶりを

見せつつも、密かに ( ニノの不審者っぽさにビビって? )

後ろの手を拳銃を入れたホルスターに伸ばしている、

というギャグ。



そして腹部を押さえていたニノ、

「 すいません、トイレ貸してください 」 と警官に頼む。

「 なんじゃこりゃああ 」 からの暗黙の連想

( もちろん 『 太陽にほえろ! 』 の松田優作が

腹部を撃たれたシーン ) を逆手にとったギャグ。



トイレからしばらくして戻って来たニノ、実はトイレの

他にも相談があったのだと松潤警官に語る。

彼女の羽織りものが盗難にあったのだという。

ニノ 「 かなり ” 大きいサイズ ” だから

そんなもの盗まれる?って思ったんですけどね 」

松潤 「 はい、じゃあ調べてみますね 」



書類に記入して帰ろうとしたニノ、思い出したように

「 … そういえばさっきトイレに行く時に見かけたんですが、

あの奥の方に掛けてあったやつ、どこで手に

入れたんですか? 」

なんとここから話が急展開、彼女の盗まれた羽織りものが

実は交番に隠されており、ニノはトイレに行ったことで

偶然それを発見。

盗難の犯人は警官である松潤なのでは?と疑いを

かけるのだ。

( 最初の 「 トイレを借りる 」 というギャグが、単なる

台詞の消化ではなくきちんと伏線として生かされている

事に注目 )



ニノ 「 例えば警官を訴えることってできるんですかね? 」

松潤は 「 私は警官ですよ?!私は公務員なんですよ?! 」

と権威を盾にしたギャグで応戦、冒頭の怪しげな一般人

( 不審者 ) と警察官という役割の図式がここで一気に転覆

しそうになっている危機を強調してみせる。



そして松潤 「 ( 警官の私を訴えるということを ) 

やれるもんならやってみなさいよ! 」

と綺麗に設定フレーズに流れ込む。



松潤は潔白を主張し、もう一度奥へ行って本当に彼女の

ものだったか確認してこいとニノを誘導する。



再度奥へ行って戻って来たニノ、

「 これ、俺の彼女のマニキュアですよね? 」 と

マニキュアを手にして戻って来る。

松潤警官は緊迫してニノに詰め寄り、あわやニノ危険か、

とミスリードさせたところで一言、 「 それ、私のなの 」

ニノ 「 でも 「 サチコ 」 って確かに俺の彼女の

名前が書いてありますよ 」

松潤 「 私、お店ではサチコって名前なの 」

松潤は盗難と目された羽織りものをニノに投げる

松潤 「 持って行きなさいよ! 」

松潤 「 少しも寒くないわ 」



つまり、フィジカルに 「 ( 疑惑の具現化である )

羽織りものを脱ぎ捨てても寒くない 」 という事が、

アナ雪の分析的な文脈 「 クローゼット ( ゲイ )

からのカミングアウト 」 という事にそのまま

かかっている。



生瀬さんも 「 よくできていた、インプロとして

高度だった 」 と褒めていましたが、そう、何度もいうけど

これ2人の掛け合いの即興なんですよ ( すごい )。



2人の中でどういう意思の疎通が、どういう心理的

駆け引きがあったかの真実は知る由もありませんが、

私には二宮くんが最初にわざわざ 「 盗難された彼女の

羽織ものは ” 大きなサイズで ” 」と言った時点で

実はラストへの筋道のヒントを ( ひょっとしたらニノ

自身も無意識で? ) 僅かなシグナルとして松潤に

送っていたのでは?とも思えます。



そうだったとしてもそうじゃなかったとしても、とにかく

2人の咄嗟の機転とセンスに関心しきったのでした。

いやあすごい。




これを書いた方がどういう方かはしりませんが、こんなに

熱く語って褒めてくださってるので、アップしました。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する