嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
家庭画報
2015年11月25日 (水) | 編集 |


『 家庭画報 』 新春特大号では、新春特別企画として、

吉永小百合さんと二宮和也さんの対談をお届けします。

12月12日 ( 土 ) に公開される山田洋次監督作品

『 母と暮せば 』 で親子役で初共演された吉永さんと

二宮さん。

多忙極めるお二人の限られた取材時間のなか、それぞれの

印象から、映画、そして、今こそ考えたい 「 平和 」 に

ついて、真摯に語り合っていただきました。



● 担当編集者より ●

吉永さんと二宮さんが初共演されるという発表は2014年

暮れの記者会見でのこと。

事前には 「 山田監督の新作映画記者発表 」 と

知らされていただけで、まさにサプライズでした。

2015年お正月のNHKの吉永さんの特別番組では、

吉永さんが、 「 戦後70年の今年、この作品に出られる

ことに大きな意味を感じています 」 と語り、すぐさま

メールで 『 家庭画報 』 での企画をお願いしました。

編集長からは、 「 吉永さんと二宮さんの対談を 」 

と大きなミッションが下りました。

日本一お忙しいアイドルの一人という二宮さんのスケジュールを

いただくのは至難のこと。

「 これは手強いミッション 」 と身のすくむ思いでした。

でも辛抱強く ( というかしつこく ) お願いし続けて

いた6月のある日、松竹株式会社から

「 撮影所に見学に来ませんか? 」 とのお誘い。

勿論行きました。

吉永さんからのお口添えもあっておふたりの絡む場面の

撮影にお招きくださったのです。

シーンと静かな撮影所で吉永さんと2階から階段を駆け

下りて来る二宮さんの演技が繰り返し行われていました。

そして8月、対談が実現!

二宮さんは繊細な印象だったのが、低音のよく通るしっかりした

声で、映画や製作、自身の役割、吉永さんへの思いを率直に

語ってくれました。

何とクレバーな、何と素敵な若者 !

吉永さんが一言 「 二宮さんは天才! 」 と語ったのも

うなずけます。


( 家庭画報編集部 ・ 島本 )






こういうのを読むと、にのちゃんのスケジュールを確保するって

大変なんですね。

山田監督と小百合さんも、にのちゃんに決定して喜んだ

ということですから、そんな中出演できてホントよかったなぁって

思います。


会報届きました。

まだ、読んでないのですが、じっくり読みたいと思います。

チラッと見た感じでは、黄色くんが相葉さん、相葉さんって

言ってるのがわかりました。

相変わらずな、にのちゃんです 



 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する