嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
嵐・二宮和也は “ 国民的俳優 ” となるか
2015年12月19日 (土) | 編集 |


嵐・二宮和也は “  国民的俳優 ” となるか ーー 大御所も認める

仕事へのスタンス


2015.12.19


嵐・二宮和也が出演した映画 『 母と暮せば 』 が、全国の

映画館で上映中だ。

先日、12月12日放送の 『 嵐にしやがれ 』 ( 日本テレビ系 ) 

では、同作品で共演した吉永小百合がゲスト出演し、二宮の

俳優としての活躍に焦点があてられた。


 「 うちのお袋より一緒にいましたから 」 と二宮が語ったように、

約3カ月もの間、母親役の吉永と撮影所で過ごしたという。

二宮が吉永の印象について語る場面では、

「 これまで出会ってきた人の中で一番優しい 」 と力説。

「 本当はいじわるかもしれない。

次の作品では、もう一緒にやりたくないと思うかも 」 と返す吉永に

対し二宮がつっこみを入れるなど、撮影期間中に互いの距離が

縮められ、本当の親子のような良好な関係で撮影が行われたことを

感じるやりとりが多く見られた。

 
二宮は、山田洋次監督の初のファンタジー作品となる同作で、長崎で

助産婦をして暮らす母・伸子 ( 吉永小百合 ) の前に、原爆で

死んだはずの息子・浩二として姿を現すという、難しい役どころに

挑戦。

かねてから演技力に定評があった二宮だが、今回の役を演じきった

ことは、彼の役者人生において大きなステップとなったことは

間違いないだろう。
 
 
また、櫻井翔が、吉永に対し二宮の印象を質問すると、吉永は

「 爽やか 」 と即答。

「 前の晩、どんなに遅くまで仕事をしていても朝9時前には

必ず現場に来ていた。

多少は眠そうだが、セットに入るとビシっとしていた。

台詞も完璧 」 と、撮影中のエピソードを明かしつつ

「 これだけ若者が礼儀正しく、きちっとしていると嬉しくなりますね 」

と、賞賛した。山田洋次監督や吉永小百合のような大御所も

認める演技に取り組む姿勢こそが、二宮が次々と名作に出演し

続けている理由の一つなのかもしれない。


 

映画の公開から、12月28日放送のTBS年末ドラマスペシャル

『 赤めだか 』 、来年1月3日放送の新春ドラマスペシャル

『 坊っちゃん 』 の放送と、年末年始にかけて二宮の俳優

としての活躍が続く。

『 赤めだか 』 は落語家・立川談春のエッセイ、 『 坊っちゃん 』

は文豪・夏目漱石の代表作が原案と、映画に引き続き、

出演作はいずれも歴史的名作ばかりだ。



初出演ドラマ 『 元旦特別企画・松本清張原作 「 天城越え 」 』

( 1998年 ) から18年。

映画 『 青の炎 』 ( 2003年 )、 『 硫黄島からの手紙 』

( 2006年 ) への出演、ドラマ 『 流星の絆 』 

( TBS系・2008年 ) では、第49回モンテカルロ・テレビ祭

テレビフィルム部門 「 男優賞 」 にノミネートされるなど、

着実に俳優としての成長を見せる。

 
2015年も、シングル3枚とアルバム1枚、ライブDVD2枚をリリースし、

全国ドームツアーを開催するなど、アーティスト活動も精力的に

行ってきた嵐。

「 音楽ファン2万人が選ぶ!好きなアーティストランキング2015 」

では、嵐として6年連続1位に輝き、国民的アイドルとしての地位を

確立した彼が、二宮和也個人として次に挑むのが、国民的俳優への

道なのだろうか。

( 文 = 竹上尋子 )




にのちゃんにとって 『 硫黄島からの手紙 』 は、ターニングポイントに

なった作品で、 『 青の炎 』 はいろんなチャンスを広げてくれた

作品で 『 母と暮せば 』 は、にのちゃんに新たな可能性を広げて

くれた作品になった気がします。

って、偉そうですが、参加できて本当によかったね、にのちゃん。




 拍手してくださった方々、遊びに来てくださった方々

     ありがとうございます。お気軽に遊びに来てくださいませ 


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する