嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
タレントを最大活用しているCM
2016年03月21日 (月) | 編集 |

キリン 一番搾り しあわせ一番町 はじまり


わざとらしい演出が一切ないからCM特有のあの嘘くさい

感じがない。

このシリーズは、嵐が持つパワーとリアルな親近感を

使いながら、同時に商品の人格や情報もさらりと伝えて

いる所がうまいです。


「 しあわせ一番町 」 に引っ越してきた嵐が縁側で海を

眺めながら一番搾りを飲む。

何気ない普段の会話から

「 日常の楽しいひと時の側に、今日も一番搾りはある。 」

というメッセージがふんわりと伝わってきます。


商品CMなのに企業CMのように見える所も、色んな意味で

得をしている気がしますね。


一見、作りこまれてない風に見えて、実はひとつひとつ

( 美術とかアングルとか ) 緻密に計算されている演出も素敵です。

一見こざっぱりした普通の格好にみえるけど、よく見るといいブランドの

服を着てる、そんな大人の余裕を感じます。



PLANNNING NOTE

   今回からCMの舞台は 「 しあわせ一番町 」 という町に、海の

   見える家に引っ越してきた二宮さんが、メンバーを呼んで、

   楽しんで、みんなで気持ちのいい空間を味わい、ビールを飲む。

   そんな雰囲気のいい空間をスタッフと共につくり出しました。

   これからもビールを楽しめる空間を嵐のメンバーと共に、

   つくっていきたいと考えていますので、今後の作品もご期待

   ください。


           ( TYOプロダクションズ2 山口修 )



コンセプトですね。

自然な感じがとてもいいです。

そんなに飲めないけど、飲みたくなります 



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する