嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
町内会
2016年05月09日 (月) | 編集 |


昨日は、年に2回の小学校の溝掃除でした 


二ブロックが一緒に掃除するのですが、年間のスケジュールで

何月と何月って決まってるんです。

でも、隣のブロックの人たちは回覧が回ってないから

知らなかったらしく、ブロック長さんが不在で、外国の方の奥様 

( 日本人 ) で、昨年のブロック長さんが色々教えてたらしい

のですが、掃除の回覧は回してなくて、たまたま私のブロックの

人が話して、掃除の事がわかって慌てて、一軒づつ連絡した

そうです。

またこのブロックが10軒のうち多くて6軒、少ないときは3軒で

お掃除してたとか 

大変なブロックで、隣のブロックだけど、ちゃんと話し合いを

した方がいいんじゃないってお節介をしてしまいました。



ブロック長の上の役が区長で、これまた最近引っ越してきた

ばかりだそうで、新しい年度になったら町内会費を集めなくては

いけないんだけど、集金袋がまだ回ってきてないとか、町内会の

役員も引っ越してきた人にはつらいと思うけど前年度の役員さんに

聞くとかしないんだろう 

順番が決まってるので、そこに引っ越してきたから仕方ないんだけど。

それをずらしたら後で大変だったり、決めてないところは、

そのたびにくじ引きやじゃんけんをするらしく、それも大変らしい。

どうせ、やらなくてはいけないんだからね。

中には役員をやりたくなくて、引っ越すってずっと言ってる家の人も

いるとか 


ボランティアですから ・・・


もうひとつ出来事がありました ・・・・

アラシゴトではないので、興味のない方はスルーして

くださいませね 。。。。。







溝掃除をしてたら、ハダシで小さな男の子がフリ○ンで私達のところに

走って来て、 「 ママー 」 って泣くんです 

どうやら、ママが見つからなくて外に出てきたようで、おしっこ

したそうだったので、とりあえず溝でおしっこさせてママを探しに

男の子が来た方に何人かが行きました。

残った人たちは、ゴミ袋を片付けたんだけど、あまりにも

戻ってくるのが遅いので、探しに行ったら、紙おむつを

履かせてもらって、抱っこしてもらってたけど、近所の人も

出てきたんだけど、どこの子かわからず、おじいちゃん宅に

遊びにきてるのかもね、なんて話してたら、ママが上から

降りてきて、 ( 探してたらしい ) 男の子は安心して

泣いてました 

それまで、我慢して泣かなかったんだって 

2歳だけ言えて、どこのお家を指さしても 「 うん 」 って言ってて

見つける手立てがなかったので、ほっとしました。

1つか2つ離れたブロックで、住んでるんですって、びっくり 

もう我が家のあたりは子供も大きくなって、家の前の

井戸端会議とかしないし、わからないんだねぇ 

見つかって、良かったけど、考えさせられました。

朝8時から9時前の掃除の時間だったけど、色んな事が

わかったり、気がついて、中身の濃い時間でした。



ご近所と仲良くしなくてはって、改めて思いました。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する