嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
キリンビール
2016年06月12日 (日) | 編集 |

キリンビールと嵐の裏話


 キリンはかつてビール部門 「 ラガー 」

   発泡酒部門 「 淡麗 《 生 》 」 を

   二大主力商品としていた。

   … しかし業界トップ独走中のアサヒはあまりに強過ぎた。

   そこで近年の健康志向に着目し 

   「 淡麗グリーンラベル 」 を発表、CMには嵐を起用、

   これが想定以上に女性にウケた。



 グリーンラベルの売れ行きは、主力の淡麗 《 生 》 

   に迫る勢いだった。

   発泡酒部門が好調な一方、ビール部分は依然としてアサヒの

   独走状態が続いていた。

   キリンが100周年のタイミングで社運を賭け、数十億円を投入し

   大々的に打出した 「 ザ・ゴールド 」 は不発に終わった。




 そこでキリンは発想を転換した。

   発泡酒部門で好調のグリーンラベルの購入層は、嵐ファン層の

   女性及びそれに付随するファミリー、健康志向の大人たち。

   これなら業界トップのアサヒ・スーパードライの主力ターゲット層と

   重ならない上に、まだまだ開拓の余地があった。


 CMキャラが発泡酒→ビールへ格上げされるのは

   異例だったが、読みは的中。

   嵐ファン層はしっかり追随してきた

   一番搾りの 「 女性でも飲み易く、フローズンやカクテルに

   してもOK 」 という特徴が客層のニーズにマッチ。

  『 ビール=オッサンの飲み物 』 という固定観念を覆した。



 こうして、ほんの数年前まで競合3社と同じ客層を

   取り合い苦戦してきたキリンは、主力商品を一番搾りに絞って

   リニューアルし、方向性を転換させることで独自のポジションを

   掴んだ。

   店頭を金色に染めることには失敗したが (  参照 

   )いま多くの酒販市場は、 『 黄色 』 に染まっている。




前述 ~  はキリンビールの営業さんに随時

伺ったお話。

キリンを 『 ザ・ゴールド 』 大スベリの黒歴史から救ったのは

『 一番搾り 』 のイメチェン作戦に貢献した嵐の功績でもあり。

キリンは嵐への感謝を忘れず、CMの要望にも極力応えられる

よう ( ビバレッジ部門も ) 絶えず企業努力を続けています。



キリンのビール部門は'00年代の長きに渡り、何を出しても

報われぬ不遇の時代を経験した。

他社のプレミアム製品に対抗して背伸びもしたが、一周巡った

結果 『 日本ならでは 』 にこだわった一番搾りに

“ 原点回帰 ” した。

まるで嵐のJaponismを予知していたかのような筋書き …

もはや運命共同体。




こんな裏話があったとは 

だから嵐ファンが喜ぶCM作ってくれるんですねぇ。

時代的にも、ビールがオッサンの飲み物っていう

感覚はなくなってきてると思いますが ・・・

一番搾りガンバレって、応援したくなります 



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する