嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
2016年タレントパワーランキング
2016年06月14日 (火) | 編集 |



1位マツコ、SMAP上昇 2016年タレントパワーランキング



 日々移り変わりを見せるエンタテインメント界。

今多くの人を魅了している、けん引力のあるタレントは誰か。

次世代を担う伸び盛りのスターにはどのような人がいるのか。


日経エンタテインメント!では、2008年から年1回

「 タレントパワーランキング 」 を発表している。

アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの

「  認知度 ( 顔と名前を知っている ) 」 と

「 関心度 ( 見たい・聴きたい・知りたい ) 」 の調査を基に、

2つのデータを掛け合わせて 「 タレントパワー 」 を算出、

ランキング化したものだ。

今回対象とした著名人は1280組。

2015年と同様、直近の人気度を明確にするため、16年2月調査の

数値を基にしている。
.


マツコ・デラックス レギュラー番組が絶好調。

15年4月には自身初のロケ番組 『 夜の巷を徘徊する 』 

( テレ朝系 ) がスタート。

サントリー 「 BOSS 」 や花王 「 ピュオーラ 」 など、

CM出演も増加。

イベントなどでの発言も常に話題に。




マツコが初の総合1位 安定の嵐、綾瀬はるか

 
今回の調査では、マツコ・デラックスが総合1位となった。

14年に初めてトップ10入りし、15年は2位に。

年々好感度を上げて、現在のレギュラー番組は8本、CM契約数は

10社に上る。

アクの強いキャラクターで08年頃ブレイクしたが、近年は説得力の

ある発言やトークへの共感が高まり、ついに芸能界のメイン

ストリームを歩む存在になった。

 
2位は、前年首位だった嵐。

7年連続で1位か2位という、抜群の人気を誇る。

15年9月に宮城県で開催した復興支援コンサートでは、4日間で

20万人を動員し、経済効果は93億円と報じられるなど、社会的な

インパクトを与えた。

6位から10位は、ジャニーズ勢が独占。

16年に入ってから、グループの分裂危機が突如報じられたSMAPは、

良くも悪くも関心を集めることになり、前年の25位から6位に大きく

順位がアップした。

嵐のメンバーでは、4年連続で10位内に入っている櫻井翔が7位、

演技の仕事が高く評価された二宮和也が9位に。

TOKIOは、14年の20周年での積極的な活動で得た支持をキープし、1

6年は順位を2つ上げて10位に入った。




NIKKEI STYLE 6月14日(火)11時0分配信




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する