嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
母と暮せば in アメリカ
2016年07月18日 (月) | 編集 |


現地時間だと思いますが、17日に北米で初上映された

そうです、 『 母と暮せば 』 


英語表記は 『 Nagasaki:Memories of My Son: 』

へ~ぇ、こんなタイトルになるんだ 




行かれた方のつぶやき見つけました  


US初公開。

私の目視では観客の半分近くがアメリカ人。

隣がアメリカ人男性の一団だったんだけど、大声で笑い,

感動の場面ではあからさまに涙を拭っていた。

聞こえてきた上映後の囁きは  " I love it ! "

大喝采 

浩二くんの 「 アメリカって不思議な国だなぁ。

あんな素敵な映画を作るのに、原爆も作る 」

を言った後の会場の溜息が印象的だった。

にのちゃんを知らない日系人の会話、

「 あの息子役のSMAPの ...

「 嵐の二宮くんだよ 」

「 あ、嵐のね ...  いい味出してたね " 」



評判上々のようです。

チケットは完売だそうです 

戦争や原爆について、考えるきっかけになるといいですね。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する