嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
シブヤから遠く離れて、再演 !!
2016年07月24日 (日) | 編集 |


31歳差初タッグ!キョンキョン×村上虹郎で名作

「 シブヤから遠く離れて 」 再演


再演が決まった待望の舞台で、愛の物語を紡ぐ

小泉今日子と村上虹郎。

小泉はポスター用写真で胸元を大胆に露出するなど、

役作りに余念はない。


 女優、小泉今日子 (50) が12月に開幕する舞台

「 シブヤから遠く離れて 」 ( 東京・渋谷シアターコクーン )

に出演することが23日、分かった。

2004年に初演された作品で、元娼婦の女を演じた小泉が

熱望し、12年ぶりの再演が決定した。

俳優、村上淳 ( 42 ) と歌手、UA ( 44 ) の長男で

俳優、村上虹郎 (19 ) が主演する。

31歳下の虹郎とラブストーリーを届ける小泉は

「 やっと願いがかないました 」 と感激している。

 

日本演劇界で話題を呼んだ名作が、キョンキョンの

“ ひと声 ” で復活。

 
同作は、劇作家で演出家、岩松了氏 ( 64 ) が、大先輩の

故蜷川幸雄さん ( 享年80 ) に演出してもらうために

初めて書き下ろした戯曲。

04年に初演されたとき、演劇界の重鎮2人の初タッグや、

主演を務めた嵐の二宮和也 ( 33 ) 、共演の小泉ら

豪華キャスト陣でも注目を集めた。

 
初演後も 「 もう一度観てみたい!とずっと思っていた」  

という小泉が、親交の深い岩松氏に 「 やればいいのに 」

と何度も再演を促したことから、岩松氏の演出で12年ぶりの

上演が決定。

廃虚になった邸宅にある思いを残す青年・ナオヤと、その邸宅に

住む元娼婦のワケありの女・マリーの愛の物語で、ひかれ合う

2人を虹郎と小泉が演じる。

 
初演と同じくマリー役の小泉は、胸の谷間があらわなセクシー衣装で

ポスター撮影に臨むなど気合十分。

「 台本を読み返して、こんな難しい役を何も考えずやっていたんだ …!

と、怖くなりました 」 と苦笑するも、 「 虹郎さんを初めとする

新しいキャストの方々と作り上げ、そこで起こる化学反応が楽しみ 」

と期待に胸を膨らます。

 
岩松氏から 「 手あかのついていない感じ 」 が評価されて主演に

抜てきされた虹郎とは、昨年放送のフジテレビ系スペシャルドラマ

「 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」 で親子役

だったが、共演シーンがなかったため今回が “ 初共演 ” 。


虹郎の両親とは友人で、約15年前にバーベキューの席で

4歳だった彼と対面しており、 「 いきなり立派な青年が目の前に

現れて、対等に話ができることがとても不思議であり、うれしくも

あります 」 と感慨深げ。

 
14年にデビューし、2度目の主演舞台となる虹郎は、大先輩との

共演に 「 良い意味で怖いなと感じています。でも、僕のことを

子供のころから知ってくださっているので、安心感もあります 」

と胸を借りて臨む。

世代を超えた2人が新たな 「 シブヤ 」 を届ける。




残念だけど、にのちゃんがナオヤではないみたいです。

仕方ないね、若い人の方がいいんでしょうから ・・・

村上虹郎さんは、日曜日の9時からのTBSドラマ 「 仰げば尊し 」

に出演してるそうです。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する