嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
2016年 「 コンテンツファン消費行動調査 」
2016年09月12日 (月) | 編集 |


ファンがお金を出したコンテンツ、1位は 「 嵐 」

[ 2016/09/12 ]



博報堂DYメディアパートナーズと博報堂との共同研究プロジェクト

「 コンテンツビジネスラボ 」 は9月12日、最新の全11カテゴリ

・計740のコンテンツに関する 「 リーチ力・支出喚起力ランキング 」

を発表した。

全国調査 「 コンテンツファン消費行動調査 」 の2016年版の

データをもとに算出したもの。



コンテンツファン消費行動調査




2016年 「 コンテンツファン消費行動調査 」 リーチ力・

支出喚起力ランキング Top10


「 リーチ力 」 と 「 支出喚起力 」 は、企業のコンテンツ活用を

促進するために、コンテンツビジネスラボが開発した独自指標。

リーチ力はそのコンテンツが一年間に到達できる人数を表し、

支出喚起力はコアファンによる年間の関連市場規模を示している。


リーチ力では、1位が 「 進撃の巨人 」 に 。

そのほか 「 ドラゴンボール 」 「 NARUTO 」 「 暗殺教室 」

といった、2015年に劇場映画化した人気コミックコンテンツが

上位に入った。


また、ファンによる支出喚起力ランキング上位は、2015年

にドームツアーを行った 「 嵐 」 を筆頭に、ライブ活動の

活発なアーティストグループが多数を占めた。

また、 「 ラブライブ! 」 や 「 アイドルマスターシリーズ 」

といったリアルタイム性の高いアニメ、リズムゲーム、

声優イベントを提供している作品もランクインした。


ラボでは、 「 リーチ力・支出喚起力共に、劇場公開、

ライブコンサート、イベントといった、リアルタイムかつ

リアルプレイスで提供されるライブ体験型のコンテンツの

パワーが目立つ結果となりました 」

とコメントしている。




やっぱり、嵐ファンが一番お金だしてるんですね 

実感あります。

でも、嬉しい 


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する