嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
2016年度CM好感度、auが2連覇
2016年12月14日 (水) | 編集 |



2016年度CM好感度、auが2連覇 

携帯電話会社がTOP4独占


 CMに関する調査を行うCM総合研究所は14日、2016年度

( 15年11月度~16年10月度 ) の銘柄別CM好感度

ランキングを発表。


俳優の松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が

金太郎に扮する 「 三太郎 」 シリーズが人気の

【 KDDI/au 】 が、2年連続で年間1位の座を獲得した。

2位も2年連続で 【 ソフトバンク/Softbank 】 、

3位は前年度9位から順位を上げた 【 NTTドコモ/NTT DOCOMO 】

がランクイン。

4位にも 【 ソフトバンク/ワイモバイル 】 が入り、TOP4を

携帯電話会社が独占した。



 
CM総合研究所はランキング結果について 

「 シリーズCMの強さと安定感が際立ち、ゲスト出演者の

絶妙なキャスティングがシリーズCMに変化と勢いを与えた。

また、auやAmazonプライム、ボスなど、 『 心なごむ 』

エモーショナルなストーリーと演出が、ブランドの世界観を

深めて視聴者の共感を誘った 」 と総括している。


【 調査概要 】

調査期間 : 2015年11月度~2016年10月度

         ( 2015年10月20日~2016年10月19日 )

調査対象 : 関東一都六県在住の一般モニター男女3000人の

         「 月例CM好感度調査 」 の12ヶ月分より集計

期間中のCMオンエア総数 : 2028社、7470銘柄、1万6043作品

( 東京キー5局 )

( すべてCM総合研究所調べ )


オリコン 12/14 ( 水 ) 15:00配信




キリンビールの 「 しあわせ一番町・日本地図 」 は、8位でした。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する