嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
大ちゃんの考えるリーダー論
2017年01月29日 (日) | 編集 |



1月24日のFMヨコハマ 「 ARASHI DISCOVERY 」 にて嵐の

大野智くんが、自身のリーダー論について語りました。


リスナーから、 “ お母さんが職場のリーダーに抜擢されたのですが、

どうやってリーダーをつとめたらいいのか悩んでいます ”

といったメッセージが寄せられると、嵐のリーダーである

大野くんはこう答えたのです。


「 僕もね、 『 嵐のリーダー 』 って言われたときに、

“ 何で俺なんだろう? ” って思ったけども。

でも、よく聞くのが 

“ リーダーというのは、何もしないのがリーダーだ ” 

とかなんかよく聞くんだよね。

で、 “ いざという時だけ、判断をする ” 

みたいな 」


リーダー像について切り出した大野くんは、こう続けます。


「 俺、もう15年以上リーダーとか言われてるけど。

もう本当に “ あだ名 ” でしかなくて。

だって、何もしてないんだもん 」


あまり “ リーダー ” という言葉だけで重荷に

感じすぎないほうが良いという口ぶり。


「 僕なんか、何もしてないから、他のメンバー4人が

守ってくれてますよ。

お母さんも、僕と同じような ( おっとりした ) タイプだと

思うんで。

僕はそれで、10何年やってきた。

何か分かんないけど。

こんな感じで。

だから、周りが守ってくれますよ 」


メンバー4人を心から信頼している大野くんは、

“ リーダーとして一番肝心なのは周りを信じることだ ” 

と言わんばかりでした。


“ ステレオタイプなリーダーのイメージに囚われず、

自分のスタイルを確立していくのが吉 ”

とリスナーのお母さんにエールを送った大野くんだったのです。




今日は、月曜日と間違えて早く起きてしまいました。

時間があるので、有効につかいますか 



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する