嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
マラソン大会の珍事件
2017年02月15日 (水) | 編集 |

主人がこんな珍事件ニュースを見つけました 



岡山県笠岡市は14日、市内で5日に開いた 

「 べいふぁーむ笠岡マラソン大会 」 で、小学3~6年を対象にした

3キロ競走に参加した男女263人のうち、最後尾の1人以外が誘導ミスで

コースを間違い、約半分の距離でゴールしたと発表した。


市は大会当日、上位6人を 「 参考記録 」 の形で表彰したが、正規の

コースで走った1人を新たに優勝者として表彰することにした。

 
市によると、先頭集団がコース上、曲がらなければならない地点で

正規とは逆方向に曲がり、後続の児童も続いた。

近くに誘導などのためのボランティアの走路員がいたが、止める間も

なかったという。

最後尾の児童1人は大幅に遅れ、職員が児童の後ろから自転車で

付き添っていたため正規コースを走った。

 
市は13日、大会長の小林嘉文市長名で経緯を説明し、謝罪する文書を

発送した。

市は 「 大会時の判断が適切だったかとの疑問もあり、決めた。

参加した子どもたちには本当に申し訳ない 」 と平謝りした。 



ビりだった子が優勝って、ありえませんが、事実は小説より奇なりって

言葉もあるくらいですから ・・・

ちなみに、お隣の県だし、お隣の町です。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する