嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃんがスタッフの名前を覚える理由
2017年02月25日 (土) | 編集 |



2月19日のベイエフエム 「 BAY STORM 」 にて嵐の二宮和也くんが、

スタッフに対する向き合い方について語りました。


この日、映画 『 GANTZ 』 で共演した吉高由里子さんが

“ 二宮くんは映画スタッフ全員の名前を覚えていた ” と証言していた、

というメッセージが寄せられます。


これに対して、二宮くんは …


「 出来る限り覚えますよ。

長丁場の仕事だと。

だってさ、何かが必要なときとか、何かが欲しいときとか、何か用が

あるときにさ、名前覚えてないと呼べなくない?

『 ちょっと、キミ! 』 

『 キミ! 』 とかって言う年齢でもないし、俺、まだ。

60歳、70歳ぐらいになったら、いいよ、別に。

『 そこのキミ!ちょっと来てくれよ 』

とか言えるけどさ。

30前半だと言いずらいよね 」


極力、スタッフの名前は覚えるようにしているという二宮くん。


「 なんかさ、そんなのは自然のことなのかもしれないけどさ。

あんまり、名前が分かんない人と一緒にモノ作っててもさ、達成感が

ないんだよね。

“ 誰なんだろう、この人? ” 

みたいな人と一緒にモノ作るって結構難しくない? 」


映画の完成という同じゴールを目指すもの同士として、スタッフの

ことは知っておきたい、とのこと。


「 やっぱり、知ってる人だったりさ。

普段、 “ どうやったら、これが良くなるんだろう? ”

とか “ どうやったら、これが見る人たちに大きな感動を与えられるん

だろう? ” とか

“ 大きな衝撃を与えられるんだろう? ” とかっていうことを常に

考えてる人の名前を知らないと、もったいない感じがするじゃん、

ちょっと。

そしたら、ちゃんと名前も覚えて、それをふまえて、名前を聞いたら

顔を思い出せて、どういう仕事をしていたかっていうのを思い出せる、

人たちと一緒に作っていくっていうのが。

せっかく作るんだったら、そっちの方が楽しいじゃない? 」


自身のモノ作りに対する、こだわりを明かした二宮くんでした。



素晴らしい   


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する