嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃんからのお手紙
2017年03月30日 (木) | 編集 |

3月26日のベイエフエム 「 BAY STORM 」 にて嵐の

二宮和也くんが、映画 『 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 』 

にまつわるエピソードを明かしました。


リスナーから “ 『 ラストレシピ 』 で共演した西島秀俊さんが、

二宮くんから手紙を貰って感動したと言っていました ”

というメッセージが寄せられます。


すると、二宮くんはこう切り出したのです。


「 西島さんとは初めて ( の共演 ) だったんですけど。

あの~、 『 ラストレシピ 』 って、俺、本当、半分くらいしか

出てないんですよ。

マジで。

半分、出てんのかな?どうなんだろう?半分ぐらいなんすよ、

本当に、出てるのが 」


二宮くんが西島さんに手紙をしたためたのには、映画

『 ラストレシピ 』 の構成に理由が。


というのも、二宮くんが演じるのは、ある天才料理人が

1930年代に満州で開発したメニューのレシピを、

現代において蘇らせるためにそのレシピに秘められた

謎を解く料理人という役どころ。


過去と現在によるエピソード構成のため、撮影では、

二宮くんが出演する < 現代パート > と、西島さんが

出演する < 1930年代パート ( 満州編 ) > の2班に

分かれたのだそう。


「 ほとんどは、向こう ( 満州 ) のお話なので。

“ 満州編で、何が起きて、どうなって今があるのか ” 

っていう話なんで。

あっちの方が、撮る分量とかカロリーとか高いんですよ、

物凄く。

だから、 “ 頑張ってくださいね ” っていうお手紙ですね。

俺は、 ( 満州編の ) 現場に行くことも出来なかったので

“ よろしくお願いします ” っていう話かな 」


二宮くんが出演する現代編のキャスト代表という気持ちも

あったのかもしれません、1930年代編のキャスト陣に対し、

筆をとったとのことでした。


「 さすがに、なんにも挨拶もなくて、 ( 撮影が ) 終わって

完成披露挨拶のときに 『 初めまして 』 っていうのもねぇ …。

大人だからね。

さすがに、ちょっとそれは出来ないな、と思って 」


同じ作品に出演しているのに、映画のPRのときに

「 初めまして 」 では、筋が通らないだろうという二宮くん。


「 主要キャストの方々というか。

お世話になる方々には。

西島さんと、 ( 宮崎 ) あおいちゃんと、竹野内 ( 豊 ) さん、

には、 “ 無事に、現代編が撮り終えた ” っていう報告と

“ これから暑い季節になって、その ( 満州編の ) 撮影が

始まるので、お体にはお気をつけてくださいね ”

っていうのを書いて。

送りましたね 」


西島さんの他にも、宮崎あおいさん、竹野内豊さんらにも挨拶の

手紙を送ったとのこと。

1930年代パートにはジャニーズJr.の西畑大吾くんも出演している

ため、 “ 後輩をよろしくお願いします ” の一言もあった

のかもしれません。


「 俺、いい人になりたいから、書いたんだろうな 」

と照れ隠しで締めくくった二宮くん。


映画 『 ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 』 は11月3日公開です。




映画雑誌で西島さんが、二宮くんからお手紙をいただいて

感動したって書かれてました 

リスナーからのメールによく答えてくれました。

しかもあおいちゃんや竹野内さんにも書いてたなんてびっくり 

そういうことは、しっかりしてるんですね。

受け取った方は、思いがけなくて嬉しかったでしょう、きっと 

あおいちゃんや竹野内さんの反応も知りたいです。


11月3日、楽しみすぎます 



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する