嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
ベイストーム 4/16
2017年04月23日 (日) | 編集 |


会社の会議や学校の発表の場など、人前で話すことを苦手に感じる人は

少なくないはず。

周囲から注目される中で話すことは、たいていの場合、緊張してしまうもの。

嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組 『 bay storm 』

( bayfM ) の4月16日放送回でも、リスナーから

「 会社の会議で緊張してしまう 」 という相談が寄せられた。

 
二宮は5万5000人収容のドームクラスの会場で何度もコンサートを

行ってきたスーパーアイドル。

また、東日本大震災のチャリティーイベントとして恒例となっている

『 嵐のワクワク学校 』 は学校の授業を模しているため、

5万人に対して細かな説明をすることも多い。

コンサート以外でも、ドラマやCMに出演したり、記者会見に出席

したりと、 「 人前に立つことが仕事 」 という状態なのだ。

 
そんな彼いわく、 「 5万5000人の前でなにかをするより、200人

ぐらいの前に立つことの方が緊張する 」 とのこと。

多くの人の前に立たせてもらえる環境をありがたいとしながらも、

「 自分たちが呼びかける相手は不特定多数だから、緊張なんか

しない 」 と言い切ったのだ。

 
ただ 「 これが知っている人だらけの前だと厄介 」 という本音も。

リスナーの言うような20人規模の会議のほうが、

「 ( 聞いている相手の ) 表情まで見えて、今興味ないんだな、

この人に対して今つまらない話をしているんだな」と感じてしまい、

怖いというのだ。

さらに会議は議題を話し合い、結果を発表するなど、1回で終わる

コンサートと違って複数回に及ぶため、 

「 オレそっちのほうがよっぽど嫌だけどな 」

「 だから我々はまだ恵まれている 」

と、リスナーをねぎらっていた。

 
一般的に考えれば、ドームクラスの会場で話すことのほうがよっぽど

緊張すると思いがちだが、国民的アイドルは踏んでいる場数が

異なるため、感覚が一般人とはちょっと違うのかもしれない。







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する