嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
検察側の罪人
2017年05月04日 (木) | 編集 |


キムタクと、にのちゃん共演の速報から色々情報がでてる

ようです。


 雫井脩介 ( しずくいしゅうすけ ) さん原作の  

「 検察側の罪人 」

ハードカバーも出てますが、文庫本も文春文庫から出版されてるそうで、

上下二巻です。


もう読まれた方がいるようです 

にのちゃんの帯がついてから買う予定です。



で、思い出したのがファーストコンのソロはキムタクの

「 NATSU ~ 夏 ~ 」 でした 

相方ちゃんは、ファーストコンに行ってるんですよね、

羨ましい 




こんな記事みつけました 


にのちゃんとキムタク。

で思い出すことなんて正直ほとんどなくて、近年だと紅白で

ご一緒したときのエピソードをキムタクがラジオで語って

くださったりとかなんだろうけど。

実は個人的に唯一と云っていいほど記憶に残ってるのは、

2003-2004冬コン、正月の横アリ公演MCでにのが

語った夢物語。


どういう流れでそうなったのか、もはや記憶の淵の奥底だけど。

横アリど真ん中ちっさなコタツ5人で囲み、おっきなトランプで

やりにくそうに、罰ゲーム賭けてやいのやいの大騒ぎのババ抜き。

にのが1抜けしてメンバーの周りぐるぐるてくてく廻りながら語った

「 俺、木村くんに怒られた夢見た。 」 

「 なんで? 」 

「 や、わかんない、とにかくすっげー怒られてんの俺 」 

「 でもそれはお前がなんか悪いことしたから怒られたんだろ? 」

潤くんが訊くけど

「 仕事一緒にしたことなんかないのにさー。

木村くんに怒られるとすげえ怖いね? 」

くちびる尖らせ夢を生々しく苦々しく語ったのがやけに印象的で

にのちゃんがそんな夢のはなし憶えてるかどうかわかんないけど。

もしどこか記憶の片隅にでも残ってたなら、現場での会話の

タネのひとつにでもしたらいいと思う。



監督は、硫黄島からずっと狙ってた。

ありがたいことですねー

だって10年。

この役に二宮和也を使いたい、て思う作品に出会うまで10年超。

ずっとアタマの隅に置いてくださっていたのでしょう。

役者冥利に尽きますなー、にのちゃん 


にのちゃんの 「 行ってきます 」

が、 「 硫黄島からの手紙 」  でアメリカに行く時の事を

思いださせる、って言われてる方がいて、それぐらいの覚悟

なのかなぁ ・・・・



来年の公開ってことで、2013年から6年映画に出させて

もらってるんだって 

素晴らしい 

毎年出てるって思わなかったですね ( 声だけの出演もあり )

どんどん期待がふくらんでいきます。

ワクワクでその話がでるでしょうね、きっと。

行きたいなぁ ・・・・ 




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する