嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
大竹まことさんのラジオ
2017年05月21日 (日) | 編集 |


とんでもない毒舌を吐く一方、ふとした折に見せる優しい心根(こころね)に

ホロリとさせられることがある。

タレント、大竹まことだ。

 
文化放送 「 大竹まこと ゴールデンラジオ! 」  ( 月~金 後1:00 )

のパーソナリティーとしても人気。

その中の名物朗読コーナー 「 大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー 」

は聴いていて突然、目頭が熱くなるときがある。

 
番組が2007年5月にスタートしてから、今年で10周年。

それを記念して、このコーナーが6月23日、CDブックとして扶桑社から

発売されることが決まった。

「 人の数だけ物語がある 」 をテーマに、大きな反響を呼んだ15回分を

厳選して収録するという。

 
その中の一つに 「 鉄道少年 」 というタイトルの実話がある。

神奈川・江ノ島電鉄の運転手になることを夢見た16歳の

新田朋宏 ( にった・ともひろ ) 君の話だ。

母親の命も奪った拡張型心筋症という心臓の難病で入院し、

闘っていた。

 
しかし、 「 ( 運転士になる ) 時間はない 」 というのが

主治医の判断だった。

それを知った朋宏君を支援する団体から、江ノ電の総務課長に

「 少年の夢をかなえていただけないか 」 という手紙が届く。

 
ある日、運転士の制服を着た車いすの朋宏君は念願の運転席へ。

万一のために、無人駅にも駅員が立ってエールを送る中、

全長10キロの列車の旅を楽しんだ。

朋宏君は車両の検車区間で実際の運転も体験。

その4日後に息を引き取ったという。

 
運転士になる夢を朋宏君がかなえて、今年で19年目。

当時の総務課長だった人は新入社員が入るたび、朋宏君の

話をして

「 こんなに江ノ電を愛してくれた子がいるんだ。

私たちは襟を正して仕事しよう 」 

と語りかけるという。

朋宏君も天国できっと喜んでいるに違いない。

 
仕事とは何か、生きるとは何かと、記者も思わず、わが身の

至らなさを反省するこの名物コーナー。

世の中には美化されて鼻白む話も多いが、大竹の淡々とした

語りにも説得力がある。

これぞラジオ魂ともいえる発掘実話は、今後も楽しみにしたいし、

夏の海風香る江ノ電にまた乗りたくなった。





良い話ですね。

亡くなった少年もさぞかし嬉しかったことでしょう。

清らかな気持ちになりますね。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する