嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
解錠師
2017年05月31日 (水) | 編集 |


これもベイストームでの話です。


「 解錠師 」  外国の小説です。

ハミルトンって方が書かれたんですが、翻訳者の方が

にのちゃんをイメージして翻訳したって前に評判に

なりました。

管理人も買って、途中で挫折してます 


そのことをリスナーさんが言ったら、

「 ハミルトンから電話がかかってきてね 」

なんて言ってるんです。


こんな方も 。。。

翻訳者さんが反応してくださってるのにベイストのレポ見たら

ひたすら嘘っぱちで話が終わってるってどうなんだろう ( 笑 )


越前敏弥さん ( 翻訳者さん )

えーっと、 「 解錠師 」 で検索すると大騒ぎになってるし、

amazonも品切れなんだけど、ゆうべ、ニノ本人が何かの番組で

『 解錠師 』 の話をしたんですか?

『 解錠師 』 の主人公マイクルはニノのイメージで訳しましたが、

今回の主人公テッドについては、妻夫木聡と作者

スティーヴン・ローリーを合わせたイメージでずっと訳していました。



ということで、この方誰かをイメージして翻訳されるんですね。

それにしても、にのちゃんの影響力は凄いですね。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する