FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
ラストレシピ感想
2017年09月13日 (水) | 編集 |



映画 「 ラストレシピ 」 ( 11月3日 全国東宝系公開 ) 、試写会。

すごい、やられた。

こんなに泣かされるとは思わなかった。

滝田洋二郎監督も、二宮和也さんも西島秀俊さんも憎いね。

時代を行き来しつつ、あの 「 レシピ 」 が完成した時の感動。

そして悲劇 …。

なんども観たくなる。

でも、空腹で観ちゃダメ!





もう一人、芳麗さん。

試写にて鑑賞。

不意打ちで涙涙。

多面的で奥行きのある人間ドラマ。

滝田監督は、人間に対する愛と理解が底知れず

深い人に違いない。

豪華絢爛なのに丁寧で滋味深い。

最高の映画だから、ありとあらゆるものが最高ですが、

二宮くん演じる、佐々木充は控えめに言っても素晴らしかった。

二宮くんの充は、とてもリアルだった。

綾野剛さん演じる幼なじみとの関係性ややりとりも、

頑なだった心が変化していく様子も。

何より、クライマックスで彼が見せる表情は何とも言えず …

… ドラマティックで揺れ振られた。

1930年代パートの主役、西島さんと完全に呼応していて、

胸がいっぱいに。

まるで物語の全てを見通しているかのようでいて、素の彼に

もリンクしているかのような生っぽい演じ方。

役者・二宮和也の面白さを改めて考えたくなった。

1930年代パートも忘れがたく素晴らしかった、このパートの

主役の西島さんは魅力と凄み全開。

西畑大吾さんは、初めて演技しているところ観たけど、

演技が巧いのか、役柄がハマっているのか、わからないけれど、

とてもよかった。



感想を読んだのは、初めてかもしれません。

泣ける映画なんですね。

にのちゃんが表紙の雑誌も続々と発表されてて、公開が

近づいてるのを実感してます。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する