FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
にのちゃんの雑誌祭り
2017年10月25日 (水) | 編集 |



嵐・二宮和也、 『 ラストレシピ 』 の ” 二宮雑誌祭り ” で

ファン争奪戦 『 BARFOUT! 』 に賞賛の声集まる



11月3日に公開を控える、嵐の二宮和也が主演の映画

『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』 。

公開に合わせ、10月は二宮を特集した映画雑誌や週刊誌が多数発売。

書店では二宮が表紙の雑誌がずらりと並び絶賛ジャック中。

ファンの間では ” 二宮雑誌祭り ” と呼ばれ、盛り上がっているらしい。



“ 二宮雑誌祭り ” 期間中はついついお財布の紐も緩んでしまうようで、

「 お金ないのに気づいたらレジに4冊持って行ってた … おかしいな … 」

「 雑誌祭りはいつまで続くの!もうお財布が … !!!! 」 

と悲鳴をあげつつも、なんだかんだ買ってしまうファンの姿が多く見られている。


また怒涛の雑誌発売ラッシュに

「 毎日のように雑誌が出るから全然把握できてないんだけど! 」

「 どの雑誌がおすすめか教えてください … 」 

とあたふたしているファンも少なくない。


二宮が表紙の10月に発売された雑誌と、これから発売予定の雑誌は

全部で17冊 ( 筆者調べ ) 。

合計金額を計算したところ14,860円 ( 税込 ) になった。

この他に表紙ではないがインタビューなどが載っている雑誌も含めると

なかなかの額になりそうだ。

これはファンのお財布事情も心配になる。




「 もはや写真集 」 ファン絶賛の雑誌とは?


そんな中、19日に発売された 『 BARFOUT! 』 ( 幻冬舎 )

に絶賛の声が寄せられている。

『 BARFOUT! 』 は、 「 音楽、映画と、新しい世代の表現者に

迫るマンスリー・マガジン 」 というコンセプトの雑誌だ。

ファンによると、この “ 二宮雑誌祭り ” の間に発売された雑誌の

なかでもダントツに写真がいいらしいのだ。


発売日の昼過ぎにはすでに売り切れている書店もあり、

「 本屋4軒巡ってやっと買えた、ラス1ゲット 〜 」

「 どこにもないからネットでポチった … 」

と入手困難だった模様。

現在も 『 BARFOUT! 』 難民がちらほら見受けられる。


無事に 『 BARFOUT! 』 を手にするこができたファンは、

「 自然体な感じでめちゃくちゃいい! 」

「 青いバラが似合いすぎて儚い … 」

「 これはインテリアとして飾れるレベル 」

「 二宮担のみなさま生きておられますか … ? 」

と大絶賛。

もはや二宮和也の写真集なのではという声が多く寄せられ、

” 二宮雑誌祭り ” のなかでもかなりレベルの高い1冊となって

いるようだ。

品薄なこともあり、気になっている人は見つけたら即買してほしい雑誌である。



2017年の嵐、雑誌ジャックは櫻井で締め?

今年の嵐メンバーの " 雑誌祭り " は、4月に放送された相葉雅紀

主演の月9ドラマ 『 貴族探偵 』 ( フジテレビ系 ) に合わせた

” 相葉雑誌祭り ” に始まり、7月に公開された大野智主演の映画

『 忍びの国 』 に合わせた ” 大野雑誌祭り ” 、絶賛公開中の

松本潤主演の映画 『 ナラタージュ 』 に合わせた “ 松本雑誌祭り ”

と続き、そして今回の二宮主演の映画

『 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 』 に合わせた ” 二宮雑誌祭り “

という順番になっている。


さらに嵐ファンの間では年末の ” 嵐雑誌祭り ” が毎年恒例になって

いるようで、今からお財布の心配をする声があがっていた。

そして来年は、櫻井翔主演の映画 『 ラプラスの魔女 』 の公開も

控えており年明けは " 櫻井雑誌祭り " と、嵐ファンは大忙しだが

嬉しい日々がまだまだ続きそうだ。


( 文:東山みさ )


◆ 二宮和也が表紙の17冊

10月2日 ( 月 ) 『 SODA PLUS Vol.3 』 ( ぴあMOOK )

10月2日 ( 月 ) 『 Cinema☆Cinema SP 2017 Autumn 』 

            ( 学研プラス )

10月2日 ( 月 ) 『 J Movie Magazine Vol.28 』 ( リイド社 )

10月2日 ( 月 ) 『 TVガイドPLUS VOL.28 』 

            ( 東京ニュース通信社 )

10月5日 ( 木 ) 『 CINEMA SQUARE vol.96 』 ( 日之出出版社 )

10月5日 ( 木 ) 『 キネマ旬報NEXT Vol.16 』 ( キネマ旬報社 )

10月10日 ( 火 ) 『 ザテレビジョンCOLORS vol.33 AUTUMUN RED 』

              ( KADOKAWA )

10月12日 ( 木 ) 『 +act.11月号 』 ( ワニブックス )

10月14日 ( 土 ) ( TOHOシネマズ )、17日 ( 火 ) ( TSUTAYA )

             『 シアターカルチャーマガジンT .【 ティー 】 36号 』

10月19日 ( 木 ) 『 BARFOUT!11月号 』 ( 幻冬舎 )

10月19日 ( 木 ) 『 Cut 2017年11月号 』 ( ロッキング・オン )

10月21日 ( 土 ) 『 FLIX 2017年12月号 』 ( ビジネス社 )

10月24日 ( 火 ) 『 GOETHE(ゲーテ) 2017年12月号 』 ( 幻冬舎 )

10月30日 ( 月 ) 『 AERA(アエラ)2017年11月6日号 』 

             ( 朝日新聞出版 )

10月31日 ( 火 ) 『 週刊朝日 2017年 11/10号 』 ( 朝日新聞出版 )

11月1日 ( 水 ) 『 日本映画navi vol.72 』 ( 産経新聞出版 )

11月4日 ( 土 ) 『 キネマ旬報 2017年11月下旬号 №1764 』

            ( キネマ旬報社 )


2017年10月24日 (火) 11:56 配信 T-SITEニュース エンタメ



よくわかってらっしゃいますね。

確かに、プラチナデーターの時ににのちゃんの表紙祭りで1万円超えてましたが、

今回も同じくらいかそれを超えてるかもしれません。

今回特に思うのが、撮りおろしの写真が多いって事です。

毎回、写真集みたいねって思いながら見ています。

今回は、厳選に厳選してる私です。

にのちゃん、カッコイイから欲しくなりますね、雑誌 



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する