FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
紅白リハーサル一日目
2017年12月29日 (金) | 編集 |



嵐・二宮和也、白組勝利の秘策は「審査方法」“見直し”を要求?

<紅白リハ1日目>


【 NHK紅白歌合戦・二宮和也/モデルプレス=12月29日 】


「 第68回 NHK紅白歌合戦 」 の総合司会を務めるウッチャンナンチャンの

内村光良、紅組司会を務める有村架純、白組司会を務める嵐の二宮和也が

29日、音合わせ・リハーサルが行われている東京・渋谷のNHKホールにて、

報道陣の取材に応じた。


昨年の相葉雅紀からバトンを受け取り、今回初の白組単独司会を務める二宮。

昨年は惜しくも敗北してしまったが、

「 今年は勝つ。 勝ちますよ、今年は絶対に! 」

と気合十分で、勝つための秘策はあるか聞かれると、 「 審査方法です 」

と即答して笑わせた。


昨年は、会場審査・視聴者審査の結果、白組が圧勝するかに思われたが、

審査員・ふるさと審査員で紅組が大逆転。

その経験を引き合いに、

「 去年は気付いたら死んでた、みたいな感じだったので。

今年はそこからきっちりやって本当に勝っていきたい 」

と冗談交じりに話した。


また、同局のバラエティー番組 「 LIFE!~人生に捧げるコント~ 」

で内村が扮する “ NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・

マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏 ” から

「 負けたらジャニーズJr.からやり直し 」 と司令を受けている二宮。

「 本当に俺がなったら、今のジュニア、気まずくてしょうがないと思うよ 」

と笑わせつつ、

「 嵐の ( 司会の ) 時も優勝旗を持つのはリーダーで1回も触った

ことないので、持ってみたいですね 」

と闘志を燃やしていた。



今年のテーマは昨年に続き 「 夢を歌おう 」 。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、

多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では

「 歌の力 」 で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを

目前にした2019年の 「 第70回 NHK紅白歌合戦 」 までの

4年間、この 「 夢を歌おう 」 をテーマに掲げ、様々な世代の

人々の夢を 「 歌の力 」 で応援していく。


出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の

計10組。

また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。



ジャンプくんや星野源さんも今日がリハーサルだったみたいです。

紅白のリハーサルの様子がTVで流れて、渡辺直美さんが身障者の

ダンサーと話してるその後ろを、にのちゃんが通ってた 

私は気がつかなかったけど、気がついた人凄い 


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する