FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
日曜劇場
2018年02月02日 (金) | 編集 |



4月より放送されるTBSの日曜劇場 「 ブラックペアン 」 で、

二宮和也 ( 嵐 ) が主演を務める。


この作品は海堂尊の小説 「 新装版 ブラックペアン1988 」 を

原作とした医療エンタテインメントドラマ。

二宮は天才的な縫合技術を持ちながら出世に興味のない一匹狼の

外科医・渡海征司郎を演じる。

渡海は成功率100%を誇る孤高の天才外科医だが、傲慢な性格と

言動が災いして万年ヒラの医局員。

同僚からは 「 患者を生かし、医者を殺す 」 と評され

“ オペ室の悪魔 ” と呼ばれている。

そんな彼が所属する病院に 「 外科医の腕を全く必要としない 」

と言われる最新医療器具が導入され、この技術に対する渡海の

疑問はやがて医療界に隠された陰謀を巡る戦いへと

結び付いていく。


日曜劇場では現在、二宮と同じ嵐のメンバー・松本潤が主演を

務める 「 99.9 -刑事専門弁護士- SEASONII 」 が放送中

だが、二宮が同枠で主演を務めるのは本作が初。

TBS系の連続ドラマへの出演も2008年10月期放送の

「 流星の絆 」 以来10年ぶりとなる。

今回の主演に向け、二宮は 「 毎週観てくださる方々の感情を

揺さぶれるよう、全力で行きます! 」 とコメントしている。



二宮和也 コメント

久々に連続ドラマに出演させていただきます。

毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!

初めての外科医役のため、指導の先生に付きっきりで

「 今、目の前で起こっている事 」 の説明を伺いながら、

先日、心臓の手術を見学させて頂きました。

初めて見る世界だったので、緊張しました。

渡海征司郎というキャラクターについて、僕自身はあまりダークヒーロー

という認識をしていませんでしたが ( 笑 ) 、長期間渡海を

預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います。

日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族揃って過ごす

イメージなので、そういう日の最後の締めになれるように

頑張りたいです。



伊與田英徳プロデューサー コメント


原作を手に取ったとき、あっという間にラストまで読み進んだことを、

昨日のことのように覚えております。

あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと大変光栄に

思います。

主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ 「 赤めだか 」 で

ご一緒させていただきました。

その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと

改めて痛感した次第です。

さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という

天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。

今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、

これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。

医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いを

しっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる

“ ブラックペアン ” の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、

是非楽しみにしていていただければと思います。



色々噂は聞いていましたが、本当だったんですね。

にのちゃん、頑張ってね。

絶対見ます 




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する