FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
ブラックペアンのドラマ化について
2018年03月14日 (水) | 編集 |



講談社文庫の 「 IN☆POCKET 」  という雑誌に海堂尊先生の

特別寄稿が載ってるとか 


 
 『 ブラックペアン1988 』 ドラマ化のオファーを頂いた時は

正直驚いた。

デビュー二年目、十年以上前の作品だからだ。

だが執筆時すでに二十年前を舞台にしていたので、時の経過に

影響される作品ではないのかもしれない、と納得した。

 
映像化にあたってはかなりの改変を容認した。

一番の改変は舞台を1988年から現代に移したことだ。

なのでドラマは新しい物語としても見られるし、登場人物は馴染みの

面々だから小説の読者にもいろいろな意味で楽しんでもらえると思う。


『 ブレイズメス1990 』 と 『 スリジエセンター1991 』 を併せて

作者は 「 バブル三部作 」 と呼んでいるが、装丁のビジュアルから

「 黒本三部作 」 と呼ぶ読者もいるようだ。

「 ペアン 」 だけでも完結しているが、 「 ブレイズ 」 と

「 スリジエ 」 を併せてお読みいただけば物語の闇は一層深く、

光はより煌びやかになると思う。

特に今回文庫化した 「 スリジエ 」 を書き上げた時、その手応えに

身震いしたことは、今でも昨日のことのようによく覚えている。

 
始めは考えていなかったが、書き終えたら共通するテーマが浮き

上がってきた。

それは 「 外科医の本懐 」 であり 「 医療とカネ 」 だ。

それを下敷きに読んでいただくとまた違った色合いが見えてくるはずだ。


『 チーム・バチスタの栄光 』 ( 宝島社 ) で作家デビューし、

十年で三十作弱の物語を書いたが、すべて架空都市 「 桜宮 」 で

起こった出来事として関連させている。

特に剣道小説 『 ひかりの剣 』 ( 文春文庫 ) は 「 ペアン 」

の真裏の物語なので、 「 ペアン 」 を読んだ後で手にとって

みてほしい。

ただしすべての作品が大なり小なり関連しているので、真に 「 ペアン 」 

を読み解くには、私の全作品を読破する必要があるのであった。

うふふ。

 
私の作品群のことを書評家の東えりかさんが 「 桜宮サーガ 」 と

名付けてくれた。

今はキューバ革命の英雄チェ・ゲバラとフィデル・カストロの

『 ポーラースター 』 シリーズに全力を傾注しているので、

サーガ方面はお休みをいただいている。

だが本流の最新刊 『 スカラムーシュ・ムーン 』 ( 新潮社 ) 

が二月に文庫化され、四月には超傍流の新刊 

『 玉村警部補の巡礼 』 も出版されるといった具合に、まあまあ

ぼちぼちやっている。

 
いずれ二十世紀の中南米から戻ったら、サーガを本格的に再開する

かもしれない。

その時は過去の作品のおさらいが必要になるが、まず手に取るのは

きっと 『 ブラックペアン 』 だろう。

 
すべての物語は、ここから始まったのだから。




文庫本まだ買ってないんですが、三部作は読まないと

と思ってます。

いつ頃になる事やら 


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する