FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
検察側の罪人
2018年04月09日 (月) | 編集 |


  【 木村拓哉・二宮和也/モデルプレス=4月9日 】


俳優の木村拓哉と嵐の二宮和也が初共演する映画 『 検察側の罪人 』

( 8月24日公開 ) のポスター&特報映像が解禁された。


原作は 「 犯人に告ぐ 」 の雫井脩介氏が発表した2013年の同名小説。

時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに 「 正義とは何か? 」 という

深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。


主演は、エリート検事・最上役に、日本のエンターテインメントのトップを走り

続ける木村。

そして若き検事・沖野役には二宮。

もはや説明も要らない、木村拓哉×二宮和也という日本が誇るトップスター

2人の夢の競演が初めて実現。

さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、

闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。

最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人

・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に

八嶋智人。

ほか矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜、そして

人権派大物弁護士・白川雄馬に山崎努

( ※ 「 崎 」 は正式には 「 たつさき 」 ) が出演する。



4月13日 ( 金 ) から劇場に掲出されるポスターは、

「 一線を、越える。 」

というコピーと共に、今回初共演となる木村&二宮という奇跡の2ショットを

撮り下ろした “ 渾身のポスター ”。


今作の 「 顔 」 となるメインビジュアルの撮影を日本写真界の鬼才

・荒木経惟に依頼。

打ち合わせの場では、<木村拓哉>、<二宮和也> というトップ俳優の

2人を撮るうえで荒木氏は 「 年齢を重ねてきた男の 「 顔 」 を撮りたい 」

と提案。

さらに、今作は2人が演じる検事が対立していく、という筋書き上、製作陣は

2人を別々に撮影することを思い描いていたが、荒木氏自身から

「 2人を同時に撮影したい 」 とさらなる提案があった。

その意図として

「 そこに2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。

それを撮る 」

「 お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る 」

という荒木氏の狙いがあった。


昨年の9月3日に映画本編の撮影が終了する間際、奇跡的に空いた

スケジュールを抑えて、その直前の9月1日に都内のスタジオにて

撮影が行われた。

荒木氏自ら照明を調整し、自身も動きながら、寄り、引きと2人の

「 顔 」 を切り取るベストな画角を模索しつつ撮影は進んでいく。

まさしくそこで展開されるのは被写体と撮り手の真剣勝負。

作品さながらの心地よい緊張感と共に2人の表情を引き出していく。

フィルムカメラのシャッター音が30分弱鳴り響き続け、撮影は終了。

「 一線を、超える。 」

という本作の登場人物の心象、ストーリー、そして今回、奇跡的に

実現した初共演をもそのままに一言で表したコピーが合わさることで、

とてつもなく圧倒的、目にするものの視線を釘付けにする渾身のポスター、

映画の 「 顔 」 が完成した。


さらに、初解禁となる特報映像は木村&二宮の演技の真剣勝負。

音楽はほぼ皆無。

台詞とその芝居のみで鬼気迫るぶつかり合いが描かれている。

30秒という短い時間ながら、それぞれの人物像、そして対立していく様を

見事に切り取った、緊張感がみなぎる衝撃の映像に仕上がった。

( modelpress編集部 )



やっと、解禁になりましたね 



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する