FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
原作者が現場に ・・・
2018年04月10日 (火) | 編集 |


 TBSにて2018年4月22日 ( 日 ) から日曜劇場

『 ブラックペアン 』 がスタートする。

原作は、海堂尊の小説で 「 チーム・バチスタの栄光 」 の原点となる

人気作 「 新装版 ブラックペアン1988 」 ( 講談社文庫 ) 。

ドラマでは、二宮和也を主演に迎え、病院、研究室、製薬会社、

医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題や様々な不正、

" ブラックペアン " と呼ばれる特製の黒いペアン ( 止血用鉗子 ) に

隠された過去が暴かれていく痛快な医療エンターテインメントとして描く。


二宮が演じるのは、舞台となる東城大学医学部付属病院に、突如導入される

ことになった手術用最新医療機器 「 スナイプ 」 巡る疑惑をきっかけに、

外科医としてのプライドを守ろうとする " オペ室の悪魔 " こと渡海征司郎役。

共演には、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、

小泉孝太郎、内野聖陽といった豪華出演者が顔を揃えた。


某日、撮影現場を原作者の海堂が訪問し、二宮をはじめ、竹内、葵、小泉らが一堂に

会した手術シーンを見学。

医師でもある原作者の訪問に、出演者、スタッフが緊張する場面も見られたが、

海堂は

「 原作は10年前の執筆時に、その20年前を描いた作品ですが、撮影を拝見していると、

" 物語が現代に甦った " という感じがしてワクワクしました。

原作の舞台は1988年と今から30年前なので、医療を取り巻く環境はかなり違います。

でも、医療の本質は変わらない部分も多い。

そういう部分もすべてひっくるめて、新たな傑作を生み出していただけそうだ、

という気持ちがしています 」

とコメント。


また、渡海征司郎を演じる二宮については 「 リップサービスですが ( 笑 ) 」

と冗談で沸かせながらも、

「 一流の外科医というのは危機的な状況に直面しても、どこか肩の力が抜けた

ような、余裕を漂わせているものです。

渡海を演じる二宮さんにはそうした感じがよく出ていて ( たぶん地じゃないかと

思える部分もありましたが (笑) )、素晴らしい外科医像を作り出してくださると

思います。

とにかく、予想は遙かに超えていました 」

と絶賛。

その後、二宮らと固い握手を交わし、ドラマの成功を確信した様子でスタジオを

後にした。


日曜劇場 『 ブラックペアン 』 は、4月22日 ( 日 ) より毎週日曜夜9:00

より放送。

初回は25分拡大版となる。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する