FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
ブラックペアン第2話について
2018年04月30日 (月) | 編集 |


 先週のTBS系列日曜劇場 『 ブラックペアン 』 第1話で描かれた

東城大学医学部付属病院初のスナイプ手術は、 “ スナイプ ”

が活躍する部分こそ成功したとはいえ、執刀した高階権太

( 小泉孝太郎 ) が患者の胃に動脈瘤があることを見落としたまま

手術を行い、結果的に渡海征司郎 ( 二宮和也 ) の巧みな

手腕によって患者の命が救われる結果になる。

 
そして4月29日に放送された第2話で行われた2度目のスナイプ手術では、

この医療界の “ 未来 ” ともいえる技術が抱える新たな課題が

浮き彫りになっていく。

 
急患で運ばれてきた患者の小山 ( 島田洋七 ) に対するスナイプを

用いた僧帽弁置換手術で執刀することになったのは、これまで難易度の

高い手術では助手としてつき、渡海に任せっきりになっていた関川文則

( 今野浩喜 )。

入念な練習を重ねたにも関わらず、彼は心室内に人工弁を脱落させて

しまうという失態を犯してしまうのである。

 
スナイプ推奨派の高階が標榜する “ 誰にでもできる ” という

言葉自体には大きな間違いはないのかもしれない。

しかしながら、その段取りがひとつでも崩れてしまったとき、

そのミスを補填することは “ 誰にでもできる ” ものではないということが

証明されてしまうのだ。

しかも、今回は高階でさえも補うことのできない事態に発展し、またしても

渡海の力を借りることに。

 
第2話にしてすでに、ある意味で時代劇や西部劇的な基本プロットが

確立してきた本作。

患者の手術をスナイプ手術で執り行うが、何らかのミスが起き、それを

絶対に手術を失敗しない渡海が救っていく。

今後同じようなプロセスを辿っていったとしても、スナイプ手術が成功を

遂げる瞬間が確実にやってくるはずだろう。

そのときにこのドラマの展開にどのような変化が起きるのか、早くも

気になってしまう。


ところで今回のエピソードでも、先週に続いて研修医の世良雅志

( 竹内涼真 ) の存在にフォーカスが当てられて物語が運ばれた。

縫合の練習を積みながら 「 すべては練習の中にある 」 と、サッカーの

神様・ペレの言葉を引用し、 「 手術は博打 」 という渡海の言葉に

怯え外科医を辞めようとも考える努力と葛藤のキャラクターは、

決して身近とはいえない医療ドラマにおいて重要な、視聴者に最も

近いキャラクターといえよう。

 
そんな彼の葛藤を前に、高階がかける

「 ひとりも殺していない君が外科医をやめるのか? 」

と 「 無責任ではないか 」 という言葉。

未来ある外科医が減ることで、未来に救われるはずだった命を殺す

かもしれないという高階の考え方に対し、渡海の持論は正反対にも

「 未来で殺すはずだった患者を助ける 」

と表現されていく。

 
“ 理想 ” によって未来を思い描くタイプの高階と、 “ 現実 ” を

見据えて今そこにいる患者を助けることにしか興味のない渡海。

これまで多くの医療ドラマで幾度となく描かれてきた

“ 医者に未来はあっても、患者には今しかない ”

というテーマが、このドラマにおいては一種のジレンマのように

作用していくことだろう。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する