FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
ブラックペアンの話も
2018年11月05日 (月) | 編集 |


海堂尊先生の講演があって、ブラックペアンの話があった

そうです。



海堂尊先生の講演めちゃくちゃ面白かった!

海堂作品のテンポの良さがすごい好きなんやけど、生のトークも

テンポよくて聞き惚れた … 最近映像ばかりで ( 笑 )

本から離れてたけどまた読もうと思った!

先生も買ってくれって言ってたし ( 笑 )


ブラックペアンは昨年秋頃に海堂先生にオファーがあったそう。

ただ、この作品はデビューして3年くらいで描いた作品だし、原作の

タイトルにもあるように1988年 ( 海堂先生が外科医になった年 ) の

話だし、どうかな~と思っていたところ、ドラマ制作側から

「 現代に移していいですか? 」 と提案されたとのこと

さらに 「 心臓外科にしてもいいですか? 」 との提案もあり。

海堂先生から 「 自分達で作らないといけなくなるけどいいですか? 」

とお話ししたところ、制作側からは大丈夫ですと返答、全権委任して

ドラマ化となった。

本での主人公は世良先生だけどドラマでは渡海先生が主人公だったり

高階先生役の小泉孝太郎さんが現場で会うといつも

「 ふがいなくてすいません、原作ではもっとかっこいいですよね?

わかってるんですが台本が … 」 とお話しされるなど ( 笑 ) 、

原作は骨組みのみ残してという形になったけど、色々な展開を求めるのが

豊かさだから、ドラマ化して良かったと。

ここでOKをしなかったら面白いドラマがひとつ生まれなかったわけだから、

良かったとお話しされてました。

逆に先生がドラマの現場から学ぶこともあり、ダヴィンチなんかは現場で

見て驚いて、医療監修の先生にお話を聞いたとか。

先生の身軽に何事も楽しむ姿勢があの面白い物語を生んでるんだなと

思った。

「 最初は原作と全然違う!と言っていた原作読者が、ドラマが進むうちに

この話の展開も面白いな?気になる!と裏切りがあった 」

とお話もあり先生にしっかり届いていました ( 笑 )

この多様性がなければ髙地くんの心臓Jungleもなかったもんね!

聞けてよかった!

ブラックペアンのヒットは先生にも恩恵があり、絶版となっていた本が

現代の内容にアップデートし復活となったと ( 死因究明社会2018 ) 。

その際、帯をブラックペアンシリーズを真似てDr.7人並べたものにして、

ニノの位置を海堂先生にしたそう!

嵐ファンがうっかり買わないかなという思惑もあったようで ( 笑 )

実際書店で見てみたら遠目に見たら同じシリーズに見えて、間違って

買った嵐ファンからもっとバッシングがくるかな?と思ったけど、なし。

もしかしたら本を楽しんでもらえているのかもしれないと。

遅咲きの嵐としてデビューもあるかも?と仰ってました ( 笑 )



先生も楽しんでいただけてたんですね。

良かった 

では、ぜひSPドラマか映画をお願いします。

待ってます。


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する