FC2ブログ
嵐の二宮和也君が大好きな 主婦のひとりごとです。
立ち合った方の感想 ♪♪
2019年11月10日 (日) | 編集 |


拾い記事なんですが ・・・・


立ち合った音楽やってる男性から感想をもらいました。

オーケストラ ( 特に管楽器 ) とピアノが寒空にクリアに美しく

聴こえる中、嵐はハモりも音程がカッチリはまって心地よく

美しく全員こんなに歌唱力があるのと驚き、

大野智のソロが響き渡って最後泣いたそうですよ



別の方です ・・・

奉祝曲で改めて嵐の成長を実感する。

1人1人の歌の技術が向上したのは勿論、曲に合わせた

雰囲気作りや表情管理まで5人は完璧にできるように

なってた。

昔だったら重要なパートは大野くん二宮くんに任されがち

だったのに今の嵐は5人で均等に歌っていて、それが

嵐として成長した証だと思うと胸が熱くなる

潤くんは本当に歌が上手くなった。

昔はソロパートがあったら心配だったのに、いつしか安心して

聞けるようになってた。

「 君を潤し 鳥たちを育み 花たちと戯れ 」 を歌ってる時の


潤くんは穏やかな微笑みすら浮かべていて、その姿は誰が見ても

トップアイドルでしかなくて、潤くんの成長に涙が溢れてしまった

最後の磁石パートの 「 大丈夫 空は輝いている 」 と

「 大丈夫 海は光っている 」 の畳み掛け方。

磁石の声質は真逆で、絶対に交わらなくて、だからこそ互いの声を

支え合っていて、共鳴し合ってもいて。

翔くん二宮くんという言霊使いに “ 大丈夫 ” だと言われたら、

絶対に大丈夫だと思える心地よい安堵感に包まれた


嵐でよく歌うまと言われる大宮は、歌上手いの質が全然違うと思ってる。

大野くんの歌上手いは、音を決して外さない癖のない伸びのある声が

特徴のミュージカル系の歌のうまさ。

対して二宮くんは、歌詞や状況によって歌い方を変え声に感情を

込めることのできるストリートミュージシャン系の歌のうまさ

基本的に大宮の2人は歌うパートが被らない。

だけど今回珍しくも2人で歌ったところがある。

それは大宮それぞれのソロパートの最後の部分。

二宮くん智くんの2人で奏でる優しい歌声はまるで元から1人だったかのように

違和感がなくて。

そんな2人が歌う 「 僕らの幸せも 大河にすればいい 」

の歌詞はただ泣いた

やはり大野智と二宮和也の歌声は空に響き、櫻井翔・相葉雅紀・松本潤の

歌声は大地に響く。

大宮の2人はスコンと抜ける歌声で全ての空気空間を震わせ、

他3人は大宮2人を時に支え、時には主旋律として地に力強く歌声を

響き渡らせる。

その5人の歌声が合わさった時、全ての有象無象が嵐に魅せられる



本当に、歌が上手になってて安心して見ていられました。

陰で努力してるんでしょうね。

涙された方も多かったようで、そんな話を聞いたりすると

嬉しくなりますね。


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する